<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
産後2ヶ月18d マザーズポージー
今月初めに申し込み、手元に届くのが楽しみたのしみで、
待ち遠しかったものがやっと手元に届きました。


『マザーズポージー ネックレス&ブレスレット』のセットです。

私の作成してもらったものは銀製の男の子デザインのものです。
表は:ローマ字で子供の『名前』を刻印
裏は:生まれた日・生誕時間・生誕体重を刻印(925はsilverのNo.)

レザーチョーカーネックレスとして身に付けられる他、
チャームのみ付け替えて、
シルバーブレスレットとしても身に付けることができます。
-----
チョーカーネックレスとして身に付けることが多くなるだろうと思いますが、
ネックレスが出来ない服装の場合、
ブレスレットとして身に付けられるしいいなぁと思いこちらを注文しました。

いつでも身に付けられるので、創真といつも一緒です。

銀製のものを注文したのも理由があります。
ふとした夫の”銀て、お守りになるからなぁ。”という一言がヒントでした。

マザーポージーアクセサリーは
『子供に受け継がれ子の財産になる』というコンセプトもあるので
創真の弟妹ができたら、その子の分も作成し
弟妹ちゃんが小さいうちは同じネックレスに
「創真と弟妹」のアクセサリーチャームを通して母の私が身につけ
いずれは弟妹ちゃんに
『あなたには、こんなに素敵なおにいちゃんがいるんだよ。』
とお話してあげながら
ポージーをお守りとしてプレゼントしてあげようと思っています。



続きを読む >>
| 天使ママケア | comments(1) | -
32w1d ママのおなかをえらんできたよ
産後の母乳について相談に伺った
助産師さんにメールをいただきある本をすすめていただきました。

読書「おぼえているよ。ママのおなかのなかにいたときのこと」
読書「ママのおなかをえらんできたよ。」

どちらも、池田明さんという産婦人科医がお書かきになり、
リヨン社から出ています。
(こちらの先生も以前実家の近くの病院にお勤めでした<びっくり>)

書店で「ママのおなかをえらんできたよ」を先日みかけ、早速購入しました。
(本屋で少し中をかいつまんで読んで、すでに泣きそうでした。)

胎内記憶というのは最近ではよく聞きますが、その前、
お母さんのお腹に宿る前の記憶を持って生まれてくる子もおり
実際に母に語った内容がつづられた本です。

お母さんのお腹に宿る前に、兄弟に会って生まれる順番をきめていたり、
空のほうからいろんなお母さんとお父さんを見て「この人がいい」と決めたり。
なかには、先に生まれる予定だった(流産・死産された)お兄さん・お姉さんに
お空で遊んでもらった記憶がある子もいるそうです。

私の子も私や夫を選んでくれた・・・と信じたい。
あとに生まれてくるであろう弟や妹に会っててくれるといいな〜と思いました。

胎内記憶や誕生記憶、お母さんに宿る前の記憶は
言葉がではじめる1歳ころから始まり、2〜4歳をピークに、
「ママのお腹はどんなだった?」と聞かれるとその内容を話し、
5歳くらいになると急速にその記憶を忘れさるそうです。
| 天使ママケア | comments(1) | -
27w6d わたしがあなたを選びました
『わたしがあなたを選びました』という絵本。
妊娠・出産をしたことのある方なら目を通されたことがあるかもしれません。

妊娠前から著者の鮫島浩二先生が産婦人科分野のアロマテラピーについてたくさん本を出されていたり、私の出身地の産科の副院長をされていたので(以前、お勤めの産婦人科は私の実家からめちゃめちゃ近かった。)なんだか身近に感じ、この絵本の存在も妊娠前から知ってはいました。

私の子がポッターとわかった時に、導かれるように”ぱっ”と頭にこの本が浮かび、主人にその日に書店を探してもらい買ってきてもらいました。

涙・涙で読みました。

赤ちゃんを生もうと思った今も、何か不安になると勇気をもらう一冊です。
--------
・・・そして。
鍼灸学生時代の同級生・・といっても20ほど年上の同級生ですが、
よくボランティアでお子さんに絵本の読み聞かせをされていた方いて
その方に、チルチルミチルの「青い鳥」の中の一話を教えてもらいました。

私はまだ青い鳥を読んだことがないのですが、その中に
『出生を待つ赤ちゃんの国があって、たくさんの赤ちゃんがいる。
赤ちゃんたちは袋を持っていて、その袋の中には
苦難や病気を持っている子もいる。

ある赤ちゃんが持っている袋には大きな病気が入っていた。
「そんな袋を持って生まれたら死んじゃうよ」と心配してその子に声をかけた。
その子は笑顔で「でもね、うまれたいんだ」と笑顔で言った。』
・・・という話があるそうです。

青い鳥も近いうちに読みたいな。
| 天使ママケア | comments(0) | -
<< | 2/2PAGES |