<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
33w1d わがまなな妊婦
わがままな妊婦=私のことですよ^-^

最近「張る〜」と記しましたが、(→過去記事【32w5d お腹の張り】)
ここ北の大地の最高気温も27℃とかに落ち着いてきたので
骨盤ベルトから、さらしにしてみました^-^

よく妊婦さんたちにも聞いてはいたけど、
骨盤ベルト、恥骨のちょっと横あたり、最近のお腹の大きさでは、
なんだか座位が続くと、あたって痛い(涙)ので。
・・・おかげさまで、お腹は張らないんだけどね〜。

で。
です・・・


やっぱりいいね〜♪ さらし♪


自分サイズにいくらでも調整できるし、
巻き方も実はいろいろあって、
骨盤ベルト代わりにも、支え帯代わりにも、
両方の意味合いを含めての巻き方もできます☆

***

写真の【左】のさらしは、
過去記事リンク付→【16w2d 安産祈願】の時に
お祈願していただいてきた東京・水天宮のさらし。

写真【右】のさらしは、
過去記事リンク付→【産科鍼灸師への道】の研修生の頃
さらしの巻き方はもちろん、
助産師さんとしての知識を余す事なく
お産に立ち向かう鍼灸師にお教え下さった
東北出身のベテラン助産師さんにいただいたもの。
山形新幹線開通の時に作られたの反物状態の、
本来は手ぬぐいにする生地を
「これなら名前かかなくとも、ぽんと置いてあったら
 あんたのってわかるでしょ。あげる。」
といただいたもの。
新幹線の絵も入っているんですよ^-^♪
| 38歳で人生2回目の妊娠出産 | comments(8) | -
コメント
★マーガレットママさんへ
はじめまして。コメント残していただきありがとうございます。

いただいたコメントは私にむけてかしら?
コメント欄↓下に登場の のんさんにむけてかしら?と思った次第です^^;

私のポッターだった息子は、マーガレットママさんのお子さんよりもずっと前、2005年と、今から8年前に生まれた息子でした。
コメントいただきました記事は、その7年後、昨年2012年に無事生まれ、現在健やかに育っている息子の33週時点の記事です^-^

ですので、このブログ記事自体は(ポッターもないことが妊娠17週にはわかって)実にハッピーな時期に記したものです^^

お優しいお気遣いいただいたコメントありがとうございます。
| なちゅら→マーガレットママさん | 2013/02/27 10:10 PM |

辛いですね。

私の娘も、第一子が同じ病気でした。2年前のことです。
娘夫婦間で、命にまかせて出産をすると決めて、私たち両親に伝えて来たときは、時期的にその決断を受け入れざるを得ない時期にはいっていました。産まれて1時間の命を神様に頂き、パパとママに見守られてお星様になりました。幸い、本当にありがたいことに、かわいいあかちゃんで産まれることができたこと、娘の心も母体も元気に過ごし今も、後悔していない様子に救われています。

たくさん話しかけあげてくださいね。
お腹のなかで、どんなお話しもきっと全部きいてくれていましょう。
たくさんお腹に触れてあげてくださいね。
優しさが伝わりましょう。


| マーガレットママ | 2013/02/26 9:31 PM |
★のんさん
>片側性の多発性嚢胞腎ですかね?

…いいえ、まだ片側腎のエコー画像しか
確認できていないなら、
遺伝性の嚢胞腎とは断定できないと思います。
今までで、遺伝子にのった片側性多発性嚢胞腎のお子さんには出会ったことがありません。必ず両側性ですよ。

>片側はないのか、見えないのか、機能はありません

…ということは、私の第1子と同じく多嚢胞性異形成腎かも。
この場合は、遺伝子(臓器形成の伝達)にはのらないので、
そこまで心配しなくていいと思います。

のんさんはmixiはされていませんか?
mixiの中に管理者承認制の【ポッター症候群】の
コミュニティがあり、そこでは資料もたくさんあげているし、
同じように悩んだお母さん方の体験談や、
生まれ赤ちゃん自身が奇跡を勝ち取り、腹膜透析を実施し
ご存命のお子さんのお話もたくさん記載されていますし。
遺伝性の嚢胞腎と確定診断されたあとの、その後の経過を
しるしてくださっているお母様方もおられます。
きっとのんさんのお力になると思います。今も今後も。

お子さんを生むと決意される前に、
ぜひそこは目を通していただきたいです。

1人で悩まずに、多くの仲間と情報をぜひ集めてください。
多くの枝葉があつまれば、その先に必ず光がみえます。
| なちゅら→のんさん | 2012/08/11 10:44 AM |
なちゅらさん、ご丁寧にありがとうございました。

片側の腎臓に大きな嚢胞があり、まわりにも小さな嚢胞がたくさん見えました。
片側性の多発性嚢胞腎ですかね…
もう片方は無いのか、見えないのか、機能はないです。

解剖についても先生と話しましたが、亡くなったお子さんを解剖するのは可哀想だし、やる人もほとんどいない、勧めないと言われました。
解剖しても原因が分からない事の方が多いそうです。
明日、詳しくエコーをするのでそこで型まで分かればいいのですが…

もし遺伝するものならば長男もその遺伝子を受け継いでいて同じ思いをさせてしまうのではないか、とか1/4の確率で次も同じ経過を辿るのか、とか本当に余計な事を考えてしまい…
お腹の子と残りの時間をゆっくり過ごしたいのに情けないです。

こんな話、出来る人もいなく…
お話聞いていただいてありがとうございました。
今回の事で命の大切さ、元気に生まれる事の奇跡を痛いほど感じました。
今は早く退院して長男を抱きしめたいです…
誰にでも出産まで色々なリスクがあり、胎児にも様々な病気があり…
遺伝性じゃないにしても次、妊娠出来るか分からないし、胎児も他の病気になるかもしれない。

私の周りの友人は欲しいと思えばすぐ妊娠して、もういらない、まだいらないと言ってた人が妊娠し、皆安産で…
つい周りと比べてしまってました。
私が強く、優しく、朗らかでいないとダメですよね…

お腹の子は入院前、ほとんど羊水がなく体も折れ曲がり窮屈そうでしたが、何とか人工羊水を注入できた今はお腹で気持ちよくプカプカして羊水も飲めているのかと思うと、なんか嬉しいと言うか、お腹を撫でていると私も落ち着きます。
長々と失礼しました。


| のん | 2012/08/11 8:58 AM |
★のんさん
大変な時期にコメント残していただきありがとうござます。

ただし。ポッター症候群と言っても、羊水過少といっても、
●腎無形成:遺伝性なし
■腎臓は形成されたが両側性嚢胞腎:多発性嚢胞腎(polycystic kidoney):遺伝性があるかも
■腎臓は発生したが片側性嚢胞腎(+片側腎が嚢胞ではないが異形成):多嚢胞性異形成腎(multicustic dysplastic kidney:MCDK):遺伝性なし
・・・と、すべてタイプが違います。
■の2つの嚢胞腎は、腎臓を解剖し細胞診までしてみると、嚢胞の出来方が違うので、判別がつきやすいです。
特に両側性嚢胞腎だったら、うけておくべきでしょう。

【・・・とにかく早合点だけはされませんように】

もし、早めにお産されるようでしたら、ぜひ生まれたお子さんの病理解剖だけはさせてもらって下さい。
腎臓の細胞診をしてもらったら、もし嚢胞腎だったら遺伝性かどうか判別がつきます。
それが今後の妊娠への不安感、フォローの仕方が違いますから。

また、
ご主人のお母様が死産経験があること
ご主人の従兄弟さまのお子様が臓器発生異常があり
生後3ヶ月でなくされ、その後流産経験されたということも、
まったくもって【ポッター症候群の遺伝性の可能性】には
関係がございません。
これは、私がもつ産科知識のすべてから言えます。

しかも、健常な3歳のお子さんがおられるんですよね?
遺伝性はないポッターの可能性が高いと思います。

ちなみにですが…
遺伝性のある連続した多発性嚢胞腎をお産されたお母様のお子さんは、早めに自然陣発し無事生まれ、どうにか生後おしっこをしてくれて、今も存命されています。
ほかにも、(無形成ではなく異常があっても腎臓の形成があるなら)
誕生後、腹膜透析をうけられ、母子腎移植までこぎつけ、
今はなんら問題なく成長されているお子さんも数は多くはないものの、いらっしゃいます。

今の新生児医療は日進月歩しています。

私が第1子をお産された7年前より、どんどん進んでいます。
どうかどうか、早合点だけはされませんように(祈
| なちゅら→のんさん | 2012/08/11 1:04 AM |
★智美さん
(先に謝ります!ごめんなさいね〜。ブログにコメントいただく方も多く、
実際の臨床でもお会いする妊産婦さんも多く、
記憶が追いついていません^^; すみません…)
内容からすると・・・
私の第1子と同じような経験がおありのお母様ですよね?

そうそう。【何が正しい】かなんてないと思います。

私が今も妊娠経過をみていただいている先生に
第1子の産後いただいた言葉ですが、
【わが子のことと考えると、何度も、どう考えても、
これでよかったのか?と思うけれど、
自分が子供の立場だったら、心底自分を思い考えてくれたことは、うれしいと思うと思います】
とおっしゃっていただけたことが、今も心の救いになっています。
きっと私もこどもの立場だったらそう思うなと思えたので。

それに、私の勝手な思い込みかもしれませんが、
胎児と母は血でつながっています。
私がどっぷり浸かっている東洋医学では、血に感情が入る・影響があると考えます。
母子同治なんて考え方もあって、
きっと胎児と母は血を共有し、お腹にいたわが子は
私たち母に【こう考えている】と胎盤・臍帯を介し、
伝えてくれていたと思います。
だから一緒にお腹にいた子も一緒に考え、出て来た考えだと思いますよ。
| なちゅら→智美さん | 2012/08/11 12:35 AM |
はじめまして。
ポッター症候群を検索し辿り着きました。
妊娠17wで羊水過少を指摘され、現在大学病院に入院中です。
エコー、MRI、人工羊水注入後エコー。
その結果、ポッター症候群の可能性がかなり高いと言う事でした。
主人とも話し、たくさん泣いて今回は諦める事にしました…
もう少し詳しくエコーで見れば型まで分かるかも、と言われました。
三歳の長男がいますが、二人目を諦められず遺伝するものか不安でたまらないです。
主人の母は死産経験あり、主人の従兄弟は臓器の異常で生後三ヶ月でお子さんを亡くされ、その後も流産…
遺伝型のような気がしてなりません…
これからお腹の子を見送ってあげなければならないのに自分勝手ですよね。
でもこれからの処置、何を目指して頑張れば
よいか…
少しでも明るい未来を信じて頑張りたいのです。
長々と失礼しました…
どうか、どうか元気な弟くんを出産されて下さい。
| のん | 2012/08/10 7:03 PM |
お久しぶりです!
もうすぐお盆娘のことを考えていて、久しぶりに覗かせていただいたらもうすぐご出産なんですねー!!
おめでとうございます!ヾ(*´∀`*)ノ
楽しみが増えますね&#9829;

今でもあたしの判断でよかったのか、お空の娘は何を思っているんだろう。と思ってしまいます。

何が正しいかなんてなんのに。

ごめんね。とありがとうの気持ちでいっぱいです。
| 智美 | 2012/08/09 11:32 PM |
コメントする