<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
24w1d 映画「シックスセンス」でホロリ涙
昨日のAKB総選挙を見届けてから、偶然見た映画「シックスセンス」

以前も夫と一緒にレンタルで見た覚えがあったけど、
それはたしか、第1子を妊娠出産する前に見たのだろうなと記憶しています。

話もオチも知っている話だったけれど、昨日偶然再度夫婦でTV放映を見て
以前とは見方が変わった映画になっていました。

以前見た時は涙を流すなんてことはなかった映画だったけど、
昨日は涙がホロリと出てしまいました。

▼以下は映画のネタばれになってしまうので、
 映画を見ていない方は読まないように^^;
-----







---
中盤、悩み苦しむ幼い主人公くんを見て、
どうしてお母さんに言わないんだろう?
どうしてお母さんに言えないんだろう?
と、もんもんと思っていました。

どんなことであっても、わが子には、苦しんであろうことがあるなら
解決してあげれるかは別として、打ち明けてほしいって思っていました。

自身が育つ中で、両親とはそう話をしてきていた自分ですし、
今お腹にいる子とも、そう話せる親子関係を築きたいと。

でも、映画の主人公くんはやさしさながらに
お母さんに打ち明けられなかった様子・・・。
---
終盤、幼い主人公くんが、お母さんに事実を打ち明けた時。

「ぼくのことモンスターだと思う?」と言った台詞。

ぐっとつかまれて…。

お母さんは首を振り、わっと泣かれて、
思わず私も自分の弱いところをつつかれ、わっと涙が出てしまいました。

(以前はここでは泣いてないな…。)

*****
・・・第1子妊娠中、羊水過少がわかって、
胎児ポッター症候群とわかった時、今後現れるだろうと思われる
羊水過少が長期続くことによっての圧迫により
お顔の顔貌変化や、手足関節の変形など…
そんな文書を医学書でみつけるたび、
正直どんな子が生まれるんだろう?…とんでもない姿を想像して、
怖くなって「モンスター」でも生むような気にすら一時なっていました・・・。

実際、生まれてみたら全然そんなことなかった。

多少、眉間の間にしわがあったりしたけど、ただのかわいい赤ちゃんだった。
当たり前だけど、どうみても
自分と相方さんの遺伝子をもって生まれた子だった。
顔は基本、私にそっくりだったし。

本当に何を恐れていたのだろうと思った。

そして、どんな子であったとしても、きっと
生まれた我が子である赤ちゃんはかわいいのだろうなとも思った。

まだ生まれてこの目で会ってもいない子に
なんて失礼なことを思ったのだろうと思った。
******

そんなことを走馬灯のように思い出したのです。

ただ偶然にみた映画だったけど、タイミングも意味あるのかな…とも思ってみたり…。
| 38歳で人生2回目の妊娠出産 | comments(0) | -
コメント
コメントする