<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
逆子治る&胎児の環境
つい先日も めでたく「逆子なおってました〜♪」とご連絡をいただきました。

今回「逆子治ってました!」とご連絡いただいたAさんは、
現在妊娠37週の方。
(わかりやすく言うと、臨月に入って2週目、
 出産予定日まで3週もないお母さんです。)
Aさんが治療にいらしたのは、36週2日でした。

これくらいの週数になってくると、お母さんもなかばあきらめがち。
産科の先生も帝王切開の予定の日を考えはじめます。

実はAさんにお電話いただいた日の3日前、
当院初診妊娠35週、同じく37週で、
めでたく逆子がなおったBさんもいらっしゃいましたし、
私の心のうちも「やるっきゃない!」な気持ちでお受けしました。

少し前。私にとっての産科鍼灸の師匠から
妊婦さんの冷えとりにかなり有効な治療を伝えていただき、
逆子治療の回転率が、週数がせまっていても
私のほうも格段にあがるようになりました。
+++++++++++++
逆子ちゃんは、西洋医学的に診て、物理的な要因
(子宮筋腫、双角子宮、強度の臍帯巻絡(臍の緒が強く巻いている)、
羊水過少・過多)の時もありますが、
そのような要因がみられない場合、
東洋医学的にみれる要因として、
「母体の冷え・疲労(肉体的・精神的も含む)」がみてとれることが多いです。

そして、そこを除去するように生活養生や治療をさせていただくと
子宮の壁もゆるんで(子宮の壁が硬くなることを「お腹が張る」といいます)
子宮への血流があがり、子宮内壁についている胎盤への血流があがり、
臍帯血流があがることで、赤ちゃんの胎動が増えることがみてとれます。

胎児の入っている子宮こそが、胎児にとっての全環境であり、
血流の低下している子宮へ
酸素・栄養・あたたかさたっぷりの血液が流れることで
まずは、胎児のまわりの壁がゆるみ、圧迫ぎみな空間がとかれ
胎盤を通じて臍帯血流があがることで、赤ちゃんも動きも増し、
そして、急に胎児の成長が著しくなることも多いものです。

逆子ちゃんの場合、先の要因によって、
お母さんもお腹が張りやすかったり、
お腹にいる赤ちゃんも週数より小さめ、ということがよくあります。
++++++++++
AさんもBさんも、母子手帳記載の今までの経過、エコーの推定体重、
私の腹診から診ても、やはり、やや小さめなお子さんでした。

37週で逆子がなおったBさん。

来院はじめの時に
「他のお母さんよりお腹が出ていないような感じがして」
とお話してくださいました。

たしかにエコーによる赤ちゃんの推定体重もやや小さめ。

平均的胎児の推定体重の経過は、
(8ヶ月末)    31週 1800g
(9ヶ月末)    35週 2500g
(10ヶ月(臨月)末) 39週 3100g
・・・となっています。(あくまでも平均です。)

Bさんの赤ちゃんは、34週の健診で、2050gとのことでした。

ところが、
35週から逆子治療と安産にむけてのからだつくりをはじめたところ、
翌週の36週の健診でのエコーでの赤ちゃんの推定体重は、2500gに。
逆子が治ったと確認された、37週の健診では、2700gにまで
急に順調に成長されていました。

あまりに急な成長に、36週・37週の健診では
産科の先生は何度かエコー計測をしなおしたそうです。
「なんでだ?急によく成長してるね〜。」って。

でも、この事実。
実は安産灸の世界ではよくあることなのです。
(私にとっては「あたりまえ」の事実だったりします。)

つまり。
逆子がなおるような、安産にむけてのからだつくりの生活養生や灸は、
赤ちゃんの成長の手助けにもなるということです。

お母さんみずからのとりくみで、正しい養生のもと
子宮への血流があがることで、
お腹にいる赤ちゃんの環境をも、整えてあげることができます。

(染色体レベルの問題によって、疾患もあり
 小さい胎児ちゃんについては、
 私どもでも、どうにも出来ない範疇ですが)

もし「お腹にいる赤ちゃん(胎児)が小さめと言われてて」
とお悩みのお母さんにも
安産灸が当たり前になったらいいな・・・と思う。そんな出来事でした^-^
| マタニティ(プレママケア) | comments(4) | -
コメント
★yuraさんへ
そうでしたか〜。ご主人もこちらの道へカモン(笑)
yuraさん、yuraさんの周りも少しづつ
状況が変わってきているのですね〜。
ぜひよい1年となりますように〜☆
| なちゅら→yuraさん | 2008/01/11 12:54 PM |
本当に、なちゅらさんと出会ってから体のこと考えて、悩んで、そして針試してみて、体が変わって、って楽しい。。。
ありがたいです。
今は事情があって針にいけてないのがほんと辛い。自己管理を強化しなくてはっ!!

そうそう、うちの旦那が鍼灸や整体などに興味をもちはじめ、学校に通おうかと思い始めたみたいです。
だけど、私の住んでいる土地では針灸の学校がないので、整体になるような・・・
私としては鍼灸師になって欲しいのですが。
どうなることやらです〜^^
| yura | 2008/01/10 2:51 PM |
★yuraさんへ
ご無沙汰してます^-^
そうですね〜、力説してください^^
自分で自分のからだをつくれるということに、是非気付いてほしいです。
すると生きる毎日が楽しいですから〜。
| なちゅら→yuraさん | 2008/01/08 7:16 PM |
やっぱり針灸と冷えの関係、それに伴う胎内環境の変化は奥深く、おもしろく、そして大切ですね。
私もなちゅらさんと出会ってから、不妊で悩んでいる方などに、「針灸がいいよ〜」と勧めてますよ。
そして、「冷えは大敵!」と事あるごとに女友達に訴えてます。
| yura | 2008/01/04 11:06 PM |
コメントする