<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
師匠に会いに行く 11 (熱い数日をおえて)
☆「師匠に会いに行く」シリーズのはじめは→こちら

あくせくしながら無事新幹線に乗り込んだ。
---------
夜10時にJRの函館駅へつく。

自宅へ帰って、夫が仕事から帰ってきてから、私は夫に熱く熱く語って

「なら、○○ちゃん(妊婦の妹)のお産に間に合うようにと
お盆の帰省ラッシュにかち合わないように、
帰省を早めてお盆前に帰ったほうがいいんじゃない?」
と夫が先に言ってくれる。

ありがたいなぁ。やっぱりこの人が旦那さんでよかった。

そして、創真の弟妹ちゃんのことも。
私から来年の春まで、また一緒に暮らすまで待って欲しいと伝えた。
夫も「その忙しさじゃ、そのほうがいい。」と言ってくれた。

心おきなく「やりたいと思うことはやりなさい」と言ってくれるこの人。

今までも、
治療院を開きたい。
「この勉強をしたい」とちょこちょこ遠方へ研修へ行くのも。
この人は一切の反対なく、いつも応援してくれる。

というか、私が何かに「懸命」にしている姿をみせているほうが
彼も居心地がいいように思える。

・・・ということで、8月のお盆前に帰省(実家へ軽くお引越し?)します。

それまでは、師匠に与えられた課題を行うことと、
創真のパパとしばし離れるまでの生活を楽しんで、
暑さにまけず、昨年に負けず、今年も夏を謳歌しようと思います。

            【「師匠に会いに行く」シリーズ おわり】
| 産科鍼灸の師匠に出会う | comments(0) | -
コメント
コメントする