<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新盆
函館は7月がお盆なので、今日は創真の新盆の入りです。
---------------
なぜ函館は7月がお盆なのか、今日初めてニュースで知りました。

大正時代までは函館もお盆は8月だったそうですが、
函館八幡宮(神社)のお祭りが8月なので、
お盆を7月にずらしたそうです。

函館という土地は、日本全国から移り住んだ方々で構成され
北海道でも初めの方に開拓された街なので、
西洋文化も柔軟に取り入れたほどの、
あらゆるところで柔軟性のある市民性があります。

ちなみに結婚式の会費制や会費の領収書発行、発起人制度、
お葬式も香典を受付で封を開けられすぐお清めをいただくなど、
あらゆるところで何かと合理的&面白い風習が多い街です。

それにしても、神社の行事が優先され、
仏の行事を1ヶ月ずらしたのはどうなんでしょうか?

関東からお嫁に来た私としては、実家のお盆は8月なので
夫方の実家のお盆と1ヶ月ずれているのは
何かと助かることもあるのですけれど・・・。
-----------------
------------
夫の父方の血筋のお墓は函館ではなく、
今後も夫の家族が根付くであろうと思うこの地には
まだ夫の血筋のお墓は構えておりません。
いずれはこの地にお墓を構えるでしょうけれど、
それはきっとまだまだ先のお話です。

ですから創真のお葬式の際はこちらにお墓を構える
夫の母方のお寺さんにお経をあげていただきました。

ゆえに創真ののこしたからだは、
我が家の居間で私達と一緒に暮らしております。

そのため特に新盆だからと何かした訳でわないですが・・・
いつものようにお花を買って、創真が喜ぶだろうと思うものを用意して
お線香を焚いて、夫と二人で「創真は今はなにしているんだろうね。」
と話しながら、やさしく朝の時を過ごしました。
----------------
創真を思って朝を過ごして、
毎年と同じように夫の母方の菩提寺とお墓にお参りに行きました。

昨年は創真も私のお腹の中にいて生き、一緒にお参りにいきました。

その創真がここにいないことは不思議な感覚にもとらわれます。
創真はきっと空にいる夫のおばあちゃんに会い抱かれ、
やさしくときを過ごしているのでは?と想像しています。
| 産後6ヶ月から12ヶ月 | comments(2) | -
コメント
★かもめさん
すいません^^;
アップしなかったり、ドドドとアップしたり・・・
これから今回帰省し学んだ事も
記そうと思っています。
ゆっくりお付き合い下さいませ^^
| なちゅら→かもめさん | 2006/07/16 2:39 PM |
おかえりなさい。
ちょっと訪問ご無沙汰してるまに、いろいろ新しい記事がアップされていたんですね。
ゆっくり読ませていただきます。[ニコ]
| かもめ | 2006/07/15 10:06 PM |
コメントする