<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ポッター症候群 参考資料5
腎無形成
renal ageaesis

片側性と両側性があるが、散発性で遺伝性はない。
片側の場合、予後は良好であるが、
両側の腎無形成は、「potter症候群」と呼ばれ
妊娠16週頃から高度の羊水過少と、それによる
特有の老人性顔貌
(広い両眼間、眼の周囲のしわ、扁平な鼻と耳)、
肺低形成、四肢変形、子宮内発育障害を合併し、
出生直後呼吸不全のため死亡する。

頻度は3000〜4000分娩に1例であり、
男女比は2.5:1。

超音波検査では、妊娠28週で診断可能とされ、
腎と膀胱が描画されないが、羊水の欠如により画像は悪く、
さらに副腎を腎と間違えることがあるので注意が必要である。
これに対し、羊水腔に温生理食塩水200mlを注入すると
観察が容易になるという。

胎児評価のため、臍帯穿刺→胎児血液ガス、pH測定で
人工羊水補充による肺低形成の予後は困難とする報告が多い。
| ポッター症候群 資料 | comments(4) | -
コメント
★さこさん
お久しぶりです!さこさんもお仕事に、
今すべきことにと頑張っていらっしゃることと想像しております^^
瞬くんも純粋のポッター症候群だったのですね。
このブログを通じて多くのポッターママさんとやりとりをしているうちに、私自身最近ポッター症候群と言われてもいろんなタイプがあるとわかってきました。
私にとっても新たな発見です。そこで調べてみたのですが。

そうそう、顔貌のお話は正直
「失礼しちゃう!」と思う私がいます^^;
赤ちゃんはどんな顔でもかわいいに決まっているんですよ。
だって愛されるために生まれてくるんですもの^^
余計な心配させるな!と学者さんには伝えたいです。

創真のパパは目鼻立ちがはっきりした人なのですが、
パパの生まれた時の写真は、やっぱり鼻ぺちゃでした(笑)
思うに、絶対あの産道を通るには
生まれてすぐ鼻が高い訳がないのだ!
なんて思っています(ハハっ^^)

創真は耳が他の赤ちゃんより薄かったかもしれません。
鼻は他の赤ちゃんとかわらないかわいい鼻だったし。
左目と鼻の間にはちょっとシワが入っていましたが
眼の間も特別離れておらず普通の赤ちゃんだったし。
おじいちゃんな顔ではなく、赤ちゃんの顔でしたよ^^

やっぱり「老人性顔貌」って失礼だわ[オコル]
| なちゅら→さこさん | 2006/07/13 5:02 PM |
なちゅらさん、お久しぶりです。
神奈川のさこです。
お元気に、いろいろと活動なさっているようでいつも励まされています。
今回の記事、興味深く拝読いたしました。私もエミコさん同様腎無形成でしたが、お顔に目立った特徴は見られませんでした。妊娠中、私はそのことがとても気がかりでした。
(まあ、きっとそんな特徴があったとしても私にはすごくかわいく見えたと思いますが)
また、妊娠中性別を尋ねたとき、女の子っぽいね、と言われていたのですが結果男の子でしたので驚きました。やはり、羊水過小のため分かりにくかったのでしょうね。
 今回の記事を通して、ああ、本当に息子はよく頑張っていたんだなあと改めて思いました。
| さこ | 2006/07/13 3:20 PM |
★エミコさん
わかりますとも!ご訪問いただきありがとうございます!
そうです、嬉しい連鎖の方はエミコさんのことですよ。
私もこちらに来るみなさんも、エミコさんのご懐妊の報告にとても喜んでいました。
たとえ残念な結果があったとしても、
エミコさんの応援団はここ*Naturaにもたくさんいますよ!
今後もみなさん応援してます!

今はまずエミコさんのお体の回復を祈っています。
健康な母と父の気をもらって、新しい命の「元気」(もとの気)が生まれます。
新しい命へ分けれるだけの母の元気がためれる心と体になるように。
今はゆっくりお休みされて、また弟妹ちゃんに元気をわけることができますように・・・。

善くんがこのタイプのポッターだったなら、
ご兄弟に腎への問題はほぼないと思います。
安心して体を休めて、
また弟妹ちゃんを迎えてあげてくださいね。
| なちゅら→エミコさん | 2006/07/13 1:52 AM |
なちゅらさん、光代さんのBBSでお話させて頂いているエミコですがおわかり頂けますか?メッセージありがとうございました。私の息子はこのタイプの病だったようです…こちらの7/2の嬉しい連鎖の内容はもしかして私の事でしょうか?もしそうでしたら、なちゅらさんやメッセージを頂いた皆様、ありがとうございます。しかし、残念な事に嬉しい報告をさせて頂いた数日後にお兄ちゃんの元へ帰ってしまいました。今はまだ現実をきちんと受けとめられずにいます。でも、やっぱりいつか私も元気な子供をこの手に抱きたい。産声を聞きたいです。だからまたいつの日か帰ってくる望みは捨てずに頑張ります。空から息子が私を探していると思うので、私も息子が帰ってこられるように体調を整えたいです。本当に皆様ありがとうございました。
| 莞 | 2006/07/13 12:18 AM |
コメントする