<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お灸の基本 5 <おうちでお灸をする際の全般注意>
お灸の基本シリーズは→こちら

私のような若輩鍼灸師が語る話ではないかもしれません^^;
(お灸について詳しいことは、図書館に行けばお灸の本もありますのでそちらを参考まで^^)

しかし、せんねん灸の箱には
今クラッシックが新しい とキャッチフレーズの記載もあり(笑)

婦人科系や冷え性をきっかけに、お灸をためしてみようかな
と思われる方の多い、20〜30代の女性方々と同世代である
私のような若輩女性鍼灸師が少しお話してみたら
また身近に感じていただけるかしら?と思い、
またシリーズを継続記載してみようと思います^^

「今クラッシックが新しい」 なら、お灸もトレンド?
☆〜☆〜☆

お灸は熱をつかった「刺激療法」の1つですから、
刺激に関することへの注意と同じような注意事項があてはまります。

たとえば、温泉とか、運動など
その例にあてはめるとわかりやすいです。

すなわち・・・やりすぎは禁物&何らかの刺激を体にした後は避けましょう。

おうちでお灸をする上での基本的注意

●お灸をしていけないとき
・お酒をのんだとき
・発熱、疲れのひどいとき
・糖尿病、ベーチェット病など、皮膚が化膿しやすい病気の方
・感染症の病気にかかっている方
・出血性の病気にかかっている方
・非常に高い高血圧症の方、変動の激しい高血圧症の方
・感覚神経障害によって温度感覚が消失・低下している方

●お灸をする時間帯について
1.食前食後の1時間以内
2.空腹時
3.お風呂の前後1時間
4.運動の直後
・・・以上を避け、
*健康増進・病気予防のお灸であれば、夜のくつろいだ時間に。
*症状の軽減などを目的であれば、症状の出ているときに。

:お灸をするとそのツボが刺激され、灸したツボ周りの肌の毛細血管が
 広がり肌がほのかに紅くなります。
 またツボは遠隔的な全身への作用も見込まれますから、
 体に負荷がかかった直後は避けたほうが無難です。
 
 汗・水分など湿り気が肌に多い場合、水泡ができやすいこと
 もありますので、お風呂・運動直後は避けましょう。

●もし灸あとに水泡が出来た場合はやぶらない
 :間接灸のほうが、意外にも水泡ができやすかったりします。
  皮膚と灸の燃焼面に空間があり、そこに水分がたまるためのようです。
  
  灸あとがひりひりしたり、水泡がやぶれていなければ、
  馬油紫雲膏<しうんこう>(漢方薬局で売ってます)
  をあらかじめ用意しておき、灸のあとに塗っておくといいと思います。
  
  また、傷がなければ、香りのよい高級散りもぐさを薄くのばして
  絆創膏ではっておくと、もぐさ・よもぎ自体の薬効効果で
  早く治ります。

●お灸の痕がはがれたり・水泡がやぶれた時
 :きれいに消毒してください。
  お灸の再開は、その傷口が治ってからにしたほうが無難です。

●お灸をしてはいけないところ
・顔、粘膜部は避けましょう。
・透熱灸は、おへそにはしてはいけません。温灸なら可
・妊婦のおなかにはしてはいけません。
 妊娠5ヶ月以上になれば、おなか以外は可ですが、
 刺激をしてはいけないツボもあるので、
 産科に詳しい鍼灸師に一度相談しましょう。

●灸あたり
めったにないことですが、お灸をしたあとに
熱が出たり、からだがだるくなったりすることがあります。
このような現象を「灸あたり」といいます。

刺激の過剰によるものと、漢方特有の*瞑眩症状があり
(*体の治癒力が呼び覚まされ、体が体を治す方向へ導く一旦出る症状。
体のゆがみが大きい場合はその振り幅も大きいことがある。)


どちらも、多くはお灸をした翌日から2〜3日後にかけて現れます。
このような時は、お灸は一旦中止し、
症状(熱やだるさ)がなくなってから再開をしてください。

また、もぐさの量や壮数(回数やすえるもぐさの数)も減らしましょう。

●お灸はどれくらいの数すればいい?
お灸のすえる数を「1壮<そう>、2壮」と数えます。(つまり1個=1壮)
せんねん灸のような間接灸も、
散もぐさをひねって米粒ほどの直接灸のものでも、1壮、2壮・・と数えます。

どれくらいの数をすえたらいいのかは、
一番いいのは鍼灸師に指示を仰ぐことです。
鍼灸師はその症状(証)にあうツボを選び、
そのツボを的確にとり、その反応まで診てくれます。

面白いもので、ツボに症状の反応が出ている冷えたりむくんだツボは、
いくつもお灸をそえても熱く感じない時があります。

お灸は「久しく火」と書くくらいで、日々の積み重ねが
体質改善、慢性の症状を治すほどの効果が見込まれます。

1日1回2〜3日間続け1日休み。を最低1ヶ月続けてみる
を指標とするといいかもしれません。

せんねん灸のような間接灸なら1つのツボに対して
多くてまずは3壮までにしておきましょう。
(散もぐさをひねったお灸は、鍼灸師の指示・指導がある場合が
多いのでここでは省略します。
だいたいは一つのツボにつき3〜7壮の指示が多い。)

そして、お灸は我慢してすえるものではありません。
「熱い」と感じれば我慢せずはずして下さい
それで充分ツボから全身に刺激が伝わっています。

***************************
ことわざに「お灸をすえる」なんて言葉がありますが、
疳の虫(小児神経症)の子の治療を例に、
泣き止まなかったり、寝なかったり、落ち着きのない子供には
あたたかな背中の灸がよく効きます。

子供のリラクゼーションのためにもあたたかなお灸が効くことから、
意味合いがこじれたことわざになったようです。
****************************

ご自身のリラクゼーションのためにも、
気持ちよく上手にお灸をお役立ていただければと思います。
| お灸の基本 | comments(4) | -
コメント
★wagamamaさま
はじめまして。コメントご記載いただきありがとうございます。
リュウマチにお灸。
wagamamaさまは、ご自身でツボをとってご自宅で台座灸をされたのかもしれませんね…。

【しかるべきツボをしっかりとって、(ツボは効くものではなく、反応を診て取穴し、効かせるものです。)
しかるべき灸法(お灸の方法もたくさんあります)で、
行なった場合】たぶんもっと効果的だったかもしれません。

このあたりは、リュウマチ治療の経験のある鍼灸師さんに診てもらうのが一番です。

私も産婦人科分野(妊婦、不妊)が専門分野ですが、
その分野に長けた鍼灸師であれば、治療に用いる薬にも詳しく、きちんと判断した方法で、合うように選穴し、
鍼をもちいるか灸を用いるかを判断します。

持病のある方はぜひ
自己判断せずしかるべき鍼灸師に診てもらいつつ、
自宅施灸などを行なっていただきたいと思います。

このあたりは、お薬については薬剤師さんやドクターに相談と同じかと。

wagamamaさまに合う よきご養生がみつかりますように〜。
| なちゅら→wagamamaさま | 2013/08/12 10:37 AM |
リュウマチにもよいそうですので、毎日2ヶ月つずけたら、かえって悪化しました。リュウマチの薬MTXは免疫力を下げることによって、痛みを和らげるが、お灸は免疫力をあげる。
お互い、相反してます
| wagamama | 2013/08/11 6:28 PM |
★accoさん
こんにちわー!お久しぶりです!
accoさんのブログ、更新されると訪問してます^^
コメントを残さずにすみません^^;
さて、いわゆる安産のツボ、
これから記事にしようと思います。
しばしお待ちくださいねー!
| なちゅら→accoさん | 2006/06/17 5:19 PM |
こんにちは。お灸のお話参考にさせていただいています。
お聞きしたいことがあるのですが、今日産婦人科で安産のつぼ(と先生が言っていた)を押されたのですが、すごく痛くてどこをおされていたのかわかりませんでした。足首の辺りだったんですが。先生いわく、「押しとかないと安産にならないよ」といわれました。
おすすめのつぼがありましたら、よろしければおしえてください。
| acco | 2006/06/17 11:32 AM |
コメントする