<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
食事で手当て 11<こんにゃく湿布>&神闕(臍<heso>)
【こんにゃく(温)湿布】
内臓、お腹や腰回りが痛む時(出血・急性でないもの)、
こんにゃくを茹でて患部に当てるとポカポカ温まり、
痛みが改善されます。熱という陽性を吸収しやすい
こんにゃくの陰性を利用した手当て法です。
肌を乾燥させずに温められるのも利点です。
(by からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て/大森一慧)



☆用意するもの☆
こんにゃく・水・多めの塩・フェイスタオル数枚

☆手当て法☆
・こんにゃく・水・多めの塩を鍋に入れて火にかけ
・沸騰したら20分ぐらい茹で続けてこんにゃくに熱を入れます。
・タオルに包み、痛む患部を温湿布。
・やけどをしないように包むタオルの枚数で温度を調整しましょう

※試行では、30〜40分は心地よいあたたかさを保持してくれます。
・こんにゃくは使い終わったら水をはったタッパーに入れ
 保存すると、3,4回は使えます。(ただし数日のうちにしましょう。)
※私は、使ったらもう一度湯でよく茹で、よく水を切り、
 短冊状に切って、こんにゃくのきんぴらにして食べてしまいます^^
 (こんにゃく:陰性のパワーが陽性の老廃物や毒素、酸化熱を強力に引きつけ排泄。
 昔から「からだの砂おろし」とも呼ばれる)

☆〜☆〜☆

☆私のおすすめ温補場所☆
・妊婦さん:臍(heso)
・月経痛:仙骨(おしりのわれめの少し上)や臍、臍下
・血流の悪さからの後頭痛(冷え・肩こり・寝不足):ぼんのくぼ(首の後ろ)
・胃痛:胸骨下縁と臍の間
・冷えによる下痢:臍、臍下

☆〜☆〜☆

「臍」言ってますが、とても重要な意味があります。

(つづきは→こちら)
| 食事で手当て | - | -