<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お灸の基本 1<よもぎの「よ」>
少しづつ自分の知識整理のためにも
お灸・ツボ・アロマテラピー・リフレクソロジーについて
記事を書こうと思います。

今回は、お灸もぐさとなる「よもぎ」について。

なんとなく鍼灸学生の時に「きゅう理論」でお勉強した覚えがありますが、
国家試験から年数もたてば、正直言って段々記憶が薄れてきます^^;
自分の記憶回復と+αのためにも整理して記事にしてみます。
-----------
「よもぎ」と検索してヒットしたページを参考見てみると(こちらこちら)

「よもぎ」は『喜燃草』とも書くそうです。おぉ〜!お灸っぽい。

よもぎの葉の裏の細かい白い毛をウスでつき、
ふるいにかけて取り、綿のようにしたのが、お灸に使う「もぐさ(艾)」。
(もぐさになる毛は、「柔毛<じゅうもう>」と言った気がします。)

up写真の黄色いわたみたいなものがお灸の「もぐさ(艾)」です。

余談ですが、英語でお灸は「Moxibustion」と綴ります。
もぐさは「moxa」で、もぐさの日本語発音が単語になっています^^
(ちなみに鍼は「acupuncture」)

お灸は熱刺激と含まれる精油成分によって組織に活力を与え、
組織の老化を改善するとともに、
全身の機能を正常化することが知られています。
--------------
「よもぎ」自体の薬効効果には参考サイトさんにも
以下のような記載がありました。
--------------
ヨモギは生理痛や子宮出血など婦人病にも使われます。
私は「まんじゅう蒸かし」と言っていますが、
出産後の肥立ちが悪いときに、ヨモギをいぶして
下半身を温める方法があります。これは韓国の療法です。

出産というのは、赤ちゃんという陽が出て行くことですから、
体がグッと陰性に傾きます。
ですから産後は水仕事をしてはいけないと言われるのですね。
とはいえ仕事や家事などでついおろそかにすると、
体から冷えがなかなか抜けなくなります。
こんな時ヨモギの「*まんじゅう蒸かし」が非常に効果があります。
(*お尻をまんじゅうに見立ててご理解下さい^^)

東北の温泉場には「まんじゅう蒸かし」を効能にあげるところもあり、
子宝の湯と称するところもあります。
下半身を徹底的に温め、大汗をかいて冷えを抜くわけです。

簡単にやるには、ヨモギを干して細かく刻み、
大根干葉の要領で煮出して腰湯したり浴剤として使うと良いでしょう。
・・・鍼灸師のお仲間に「よもぎ蒸し」普及に邁進されている先生がいます。
私のセラピスト仲間にも「よもぎ蒸し」を取り入れている方も多く、
もうこれだけを読んだだけでも私も
「よもぎ蒸し」を体験したいなと思ってしまいます(笑)
●高血圧、動脈硬化、胃腸病、頭痛、神経痛、貧血
〕10gを水500ccで半量に煎じ、1日3回に分けて食前に内服します。
∪弧瑤寮捗舛鯒1杯か、
 よもぎエキスを3〜5gを水に溶いて食前に内服します。
●腰痛、腹痛、冷え症、痔
干したよもぎの葉を袋に1/3量入れ入浴剤として使います。
また葉を乾燥させてよもぎ座布団を作ります。
●血便…よもぎとしょうがを同量まぜ煎じて内服します。
●腹部の冷痛、下血、性器出血、帯下、胎動不安に用います。
とくに婦人科の止血薬や安胎薬としてよく知られています。
ヨモギエキスが効果的です。
●漢方では止血作用たとえば不正性器出血や月経過多症,
切迫流産などの出血症状に用います。
陰性の出血には阿膠,当帰,地黄などと配合します。
----------------------
◆アトピー性皮膚炎のかゆみ止めにも。
◆ヨモギはシネオールやセスキテルペン、
ビタミンA,B,C,Dなどのほか、特有のタンニンを含み、
殺菌、止血、下痢止めなどに効果があります。
◆鼻血や子宮出血、痔などの止血や下痢止めには
ヨモギを陰干しにした葉(漢方でガイヨウと呼ばれる)を
5〜8g煎じて用いると効果があるといわれています。
◆生の葉は虫刺されや切り傷に、もんでつけると
殺菌止血作用で治りが早くなります。
◆50gほどを袋に入れ、ヨモギ風呂にすると、
冷え性、皮膚病、かゆみ、腰痛、打ち身、
婦人病の*白帯下(こしけ)などに効果があります
(*白帯下<こしけ>:白いおりもの。鍼灸医学では冷えによるおりものと考える。)

・・・うーん。凄し。「よもぎパワー」

じゃ、そもそもお灸の精油成分て??
私のアロマテラピーの知識が騒ぎ出します。

(つづく)
| お灸の基本 | comments(2) | -
コメント
★かもめさんへ
よもぎ蒸し、ご想像通りの大胆な発想です^^
,發阿気鯒馨討気擦娠譴梅遽譴垢詈法と、
漢方薬剤を抽出した湯の蒸気の方法と
2種類あるそうです。私の知人の薦める方法は蒸気法だそうです。
ちなみにその抽出した湯は漢方薬として飲用もいいそうですよ。
入浴剤として効果があるなら、
是非局所で!って感じの大胆な発想なのかもしれませんね^^

かもめさんのお宅もよもぎパワーを感じられた
ご経験がおありなのですね!
そうなんですよね[ドロップ]家でのお灸の残り香・・・
特に若い世代だとアパートやマンションの方が多いので
「鍼灸のすすめ」についての最近の課題でもあります^^;
| なちゅら→かもめさん | 2006/06/02 10:59 PM |
いやぁ〜、よもぎのパワーたるもの凄いものですね。
私自身、下の子が授かったのはよもぎの力だと思っています。
(家じゅう、すっかりお灸臭くなってしまいましたが…[アセ])
よもぎ蒸しの箱にあいてる丸い穴、あそこにまたがって
下からもぐさを炊くのですか?
なんという大胆な発想なのでしょう!
さすがに学校の教科書には載ってなかったですよね。(大笑



| かもめ | 2006/06/02 10:12 PM |
コメントする