<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
食事で手当て 3 (食事と手当て実践編)
先の「自然派ママの食事と出産・育児」の後に購入した一冊。

(※クリックするとAmazonの書籍詳細にとびます)
からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
大森 一慧

実はこちらのほうが、手当て法のひとつひとつについては見やすいかも。
先の書籍の概論の詳細をもっと知りたく、補足本として拝読しています。


☆〜☆〜☆

次回以降は、私が実践したり、おすすめな手当て他
食事での手当てに関することについて記していこうと思います。
| 食事で手当て | comments(4) | -
コメント
★yurikoさんへ
yurikoさんもでしたか〜[ウンウン]
健康雑誌にもよく陰陽の食べ物表とか載ってますよね。
でも、いきなり全てを判断はできないし、
自分が妊娠するまでは"へぇー"ぐらいの理解でした。
実体験は百聞は一見に如かずだなと実感しましたよ(笑)
コーヒーが体を冷やすとか、黒いのに何で?とか・・・
少しづつお伝えできたら幸いです[フタバ]
| なちゅら→yurikoさん | 2006/04/28 5:52 PM |
お久しぶりです。
女性のための
なちゅらさん講座がんばっていらっしゃいますね。
つわりをひどくする食べ物があるなんて
知らなかった。
私もひどくてげっそりやせました。
なちゅらさんとおんなじ!
いちごは受け付けたんですよ〜。
あと、とろろいもとまぐろのお刺身
にわさびをたっぷり付けて。。
そればっかりでした。
次の妊娠のために私もお勉強させていただきます!

| yuriko | 2006/04/28 4:22 PM |
★おさるさんへ
体の自然治癒力を導く方法は本当にたくさんありますよね。
以前、体創りの記事にも記載しましたが目標についてのアプローチは星の数ほどあると思います。
たとえばこうのとりを待つ場合でも、西洋医学的アプローチもあり、食事についても栄養学的アプローチがあり、マカなど民間療法(?)などもあると思います。
その中で、自分に合うものを選び、心も体も健やかさがあり、気持ちよさがあって行なえることが大切かと思います。

今後記事にもしていくことも、きっとおさるさんもご実家やご家庭で体験されたことも多い内容かと思います。
先人たちの体験からの導かれた知恵は、使わない手はないですよね。

医療は日々進化していきますが、
今も残る知恵は進化しないもの。

そこになにか重要な意味があるかもしれません。
| なちゅら→おさるさん | 2006/04/27 11:23 PM |
なちゅらさん、お邪魔しま〜す[オンプ]

『自分の体の主治医は自分自身』
と言う言葉がある様に、自分の体に耳を傾ける。
そして、なちゅらさんのおっしゃる様に、受身の医療ではなく、自分でも出来ることを実践して行く事も大事なポイントですよね。
でも、苦痛にならない程度が大事ですね[フタバ]

自然治癒力を高めるには、食事もとても大切な要素ですね。
‘医食同源’だ〜っ!

食べる事は、命を作る事。
すなわち、生きてゆく事。

食いしん坊万歳♪
チョット違うか[オコル]
ヒヒッ[ニコ]
| おさる | 2006/04/27 10:36 PM |
コメントする