<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
32w1d ママのおなかをえらんできたよ
産後の母乳について相談に伺った
助産師さんにメールをいただきある本をすすめていただきました。

読書「おぼえているよ。ママのおなかのなかにいたときのこと」
読書「ママのおなかをえらんできたよ。」

どちらも、池田明さんという産婦人科医がお書かきになり、
リヨン社から出ています。
(こちらの先生も以前実家の近くの病院にお勤めでした<びっくり>)

書店で「ママのおなかをえらんできたよ」を先日みかけ、早速購入しました。
(本屋で少し中をかいつまんで読んで、すでに泣きそうでした。)

胎内記憶というのは最近ではよく聞きますが、その前、
お母さんのお腹に宿る前の記憶を持って生まれてくる子もおり
実際に母に語った内容がつづられた本です。

お母さんのお腹に宿る前に、兄弟に会って生まれる順番をきめていたり、
空のほうからいろんなお母さんとお父さんを見て「この人がいい」と決めたり。
なかには、先に生まれる予定だった(流産・死産された)お兄さん・お姉さんに
お空で遊んでもらった記憶がある子もいるそうです。

私の子も私や夫を選んでくれた・・・と信じたい。
あとに生まれてくるであろう弟や妹に会っててくれるといいな〜と思いました。

胎内記憶や誕生記憶、お母さんに宿る前の記憶は
言葉がではじめる1歳ころから始まり、2〜4歳をピークに、
「ママのお腹はどんなだった?」と聞かれるとその内容を話し、
5歳くらいになると急速にその記憶を忘れさるそうです。
| 天使ママケア | comments(1) | -
コメント
ノアママさんへ
ご訪問、コメントありがとうございます
赤ちゃんはお腹にいるときから本当にいろいろな尊さを教えてくれますよね・・・。
ノアママさんのブログに私も元気をもらっています。
予定日が近いですしいいお産ができますように

Posted by:*Natura(RE) at 2005年08月24日(水) 19:34

こんにちは。
私も赤ちゃんはパパとママを選んでやってきてくれたのだと信じています。
希愛も自分の運命を知った上で私達に会いにきてくれたのだと信じています。
死産直後、ネットを彷徨ってるときにこう書かれているのを読んで、はじめて嬉しくて涙をたくさん流したのを思い出します。それまでは悲しくて苦しい涙ばかりでした。

Naturaさんの赤ちゃんもパパとママを選んでお空からやってきたんだと思います。
Naturaさんご夫婦だから安心してやってきたのだと思います。今、赤ちゃんはNaturaさんのお腹の中でとってもとっても幸せなんだと思います。

赤ちゃんをお腹に宿す事、出産する事は本当に尊い事で奇跡ですよね。こう思えたのも天使ちゃんのおかげです。小さいのにたっくさんの事を教えてくれました。
妊婦である今も尊い時間で、それをとても大切にされているNaturaさん。今までの心の葛藤は私には想像できない位悩まれ、苦しまれたと思います。
うまく言えませんが心から応援してます。
赤ちゃんとの穏やかで素敵な時間が過ごせますように

Posted by:ノアママ at 2005年08月24日(水) 11:30

>ゆめのママさん
このブログが検査入院後、今の子の妊娠日記になってから、
多くの天使ママさんに応援・共感のメールやコメントをいただき、
赤ちゃんの天国への旅立ちは本当に多くのケースが
あることを知りました。

ゆめのママさんの天使ちゃんは突然天国に呼ばれてしまったのでしょうか?
その悲しみを考えると・・・(T_T)・・・

私は妊娠6ヶ月の検査入院後、赤ちゃんの今後の選択を迫られた時、
思考回路がめちゃくちゃになってました。

今は事実を受け止める時間と、できるだけのことをしてあげる時間があるのは、
本当に幸せな事だと感じています。

赤ちゃんの事を嘆くばかりでなく、幸せを考えてあげれるようになったのも、
ゆめのママさんのような天使ママの応援のおかげなんです
-----
スタイとにぎにぎ、お褒めいただきありがとうございます♪

天使ちゃん主人公の絵本、見てみたいなぁ。
自分が絵本の主人公・・と考えたら、
天使ちゃんの喜んでいる姿が見える気がしますね
Posted by:*Natura(RE) at 2005年08月20日(土) 17:22

この本、以前立ち読みしたことあります。
で、つい最近、「お母さんをえらぶ赤ちゃん」という本を買いました。
内容は、「ママのおなかをえらんできたよ」と同じようなものです。
でも、本当に少し立ち読みしただけだったのですが、「ママのおなかをえらんできたよ」のほうが読みやすかったような気がしますね。

私も赤ちゃんは、私たちを選んで生まれてきてくれたのだと信じています。
自分の運命もちゃんと分かったうえで、来てくれたんだろうなぁ・・・って。

ところで、スタイとにぎにぎ可愛いですね。
私は不器用なので、尊敬してしまいます。
私も分かっていたら、後悔しないようにいろいろしてあげたかったな・・・。

ちなみに、私の場合ですが・・・天使になってからですが、亡くなった赤ちゃんを主人公にした絵本を描いてあげました。


Posted by:ゆめのママ at 2005年08月19日(金) 22:46
| コメント転記 | 2006/04/03 9:27 PM |
コメントする