<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
13w6d 医食同源
薬膳の先生からおすすめいただいた女性に読んでいただきたい食事養生の本

著者は大森一慧(おおもりかずえ)氏
自然派ママの食事と出産・育児
先日のお休みに本屋でみかけ、早速購入し読破ました。

妊娠・出産・育児、また、ご婦人のプチトラブル:むくみ・月経痛などなど様々な症状に対しての食事からの手当て法がこと細かく記載されています。

ナチュラの患者さんにも冷え対策に梅醤番茶をお飲みになる方がいらっしゃるのですが、こちらの本には梅醤番茶だけでなく塩番茶・ごま塩番茶などの記載もあります。

私のつわりはこの本からいうと「陰性のつわり」だそうで
塩番茶・ごま塩の頓服が手当てとして挙げられ、玄米の冷ごはんのごま塩おにぎりなどが食事療法として挙げられていました。

医食同源を心に・・からだにやさしい食事を目指す女性に読んでいただきたい一冊です。
| マタニティ(プレママケア) | comments(1) | -
コメント
>noel89さん
ノエル先生、こんにちわ〜。
女性鍼灸師さんにこちらの本、おすすめです。
へ〜っと感心する内容ですよ。
Posted by:*Natura(お返事) at 2005年04月25日(月) 04:51

私も梅醤番茶をノエルにてよく勧めています。
大学生の頃、貧血で電車内でよくふらついてたとき(知らないおば様に「ダイエットでもしたんでしょ?」なんて言われたりもして、、。  してないのに、、、。)、漢方医の方に教えてもらって、飲むようになって、ふらつかなくなりました。

今は、飲んでいないけれど、復活させようかなあ 、、。
陰性のつわりとか陽性とかっていうのは、私も何度か聞いたことあります。 そういうのがわかると、日ごろの養生の仕方も少しずつ変わってくるでしょうから、いいですよねえー
Posted by:noel89 at 2005年04月18日(月) 16:30
| コメント転記 | 2006/04/03 8:53 PM |
コメントする