<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
産後2ヶ月26d 服をプレゼント
先日、創真の服を・・・の気持ちで、また縫い物を仕上げました。
(少し悲しいお話かもしれないので・・・いやな方はスルーしてください。)
-----
出来上がった実物を載せるのは少し気がひけたので、
今回は使った材料の画像を・・・。
実物は私の納得するとてもかわいい仕上りになりました。

何を作ったのかというと「こつつぼかばー」です。
(安易に検索にかからないようにあえて平仮名で記載)

いただいたカバーは箱に袋をかぶせるタイプで抱えると
時に底から箱がすりぬけそうになるのと
あまりに”仏”的なデザインで嫌でした。

それと、創真のもうひとつの服と思って、かわいいものを作成しました。

生地は、いつか作ったベビードレスと同じデザインワッフル生地で、
創真に身につけさせたスタイのくまをアップリケし、
いつか作った肌着のうちの子マークのふたばをグリーンの刺繍糸で、
名前をひらがなで水色の刺繍糸で、クロスステッチをしました。

(夫は名前を入れたことは”えー?”って思ったそうですが。)
刺繍しながら私としては、ひと針、ひと針、創真を思う時間でもあり
この服は創真のものです!と実感できて入れてもよかったと思っています。

赤ちゃんらしいかわいいデザインで私はとても気に入っています。
抱えても前のように落しそうになる心配もないので
たくさんたくさん”かわいいかわいい”と抱えながらなでています。
(おかしいかな・・・) でも、私にとってはかわらずかわいい息子です。
| 産後2ヶ月 | comments(1) | -
コメント
★知美ママさんへ
いいえ〜、知美ママさんのブログでのこと気にしないで下さい。
誰でもわが子をどうにかして助けたいのは誰しも一緒ですから。
私も彩花ちゃんが多くの人の助けをいただいて
元気になってくれたらいいなと思っています
---
創真もね、ほかの赤ちゃんから生まれてすぐ腎臓や肺が移植できたら
確かに今も生きていたかもしれません。
でも、それは不可能に近いことと私達には伝えられました。
万が一、移植が出来るとしても日本ではその法律はなく出来ません。
そして移植をできるまでの間、創真にとってもとても過酷な治療が必要でした。

生まれてすぐに小さな体に多くの管を通し人工呼吸器や腹膜透析をうけ、
医療機器につながれ私達親が抱くことも一切できないと。
しかもそれは数時間や数日の延命でしかないと。
すなわち治療法はないと。
---
そんな過酷な治療をも乗り越え、彩花ちゃんは移植を受けることができるんだと思います。
彩花ちゃんが起きてご両親に抱っこされている写真のを見て、
よかったね〜頑張ったねぇと思いました。

だからこそ、無事元気になってほしいな・・・。
---
ただ赤ちゃんに臓器移植が出来るということは、
もう1人別の赤ちゃんの死があって出来るということを
みなさんにどこかで知っておいて欲しいかもしれません。
Posted by:なちゅら at 2005年12月03日(土) 02:30

★あずママさんへ
そうですよ、きっと。あーちゃんもおうちにいたいから、そっと流れを変えたんでしょう
あーちゃんらしい、かわいい服を作ってあげて下さいね☆
Posted by:なちゅら at 2005年12月03日(土) 01:00

こんばんは。
一度は今年中に納骨しようと思ったのにどうしてもお坊さんがつかまらないんです。
そしたら「きっと家にいたいんだよ」
っていうことになっちゃって一緒に過ごすことになりました。
そうなると真っ白い仏的な袋に入ったあーちゃんは違和感あるなー
って思ってたんです。
お洋服を作る感覚で手作りしてあげるって
とっても素敵な発想で感激しました。
私もあーちゃんのイメージに合う可愛い物を作ってあげたいと思います。



Posted by:あずママ at 2005年12月02日(金) 23:21

なちゅらさん、こんばんは。
今日の私のブログで、なちゅらさんを傷付けてしまったのではないか…?と思い、心配です…。そうだったら、本当に御免なさい。
「こつつぼカバー」、優しいママに作って貰って、きっと創真君大喜びですね。ふたばが創真君マークだなんて、何か嬉しいです。ふたばちゃんと同じ名前だから^^。
どんな形になっても、カワイイ我が子である事に変わりないと思います。だから、骨壷を撫でたり、抱っこしたりするのを、全然変だとか思わないですよ。
Posted by:知美ママ at 2005年12月02日(金) 23:19
| コメント転記 | 2006/04/04 7:18 PM |
コメントする