<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
応援してあげたい!
(※初期掲載:2005年1月12日)

ななみちゃんを救う会 http://nanami-chan.com/
アメリカでの血液透析・腎移植を待つ新生児ちゃんの応援サイトです。

詳しい病名は記載されていはいませんでしたが、
創真と同じ病の赤ちゃんだと思います。
でも、七海ちゃんの場合、
生まれてからも多くの奇跡を七海ちゃん自らの力で手にし、
肺が機能し、腎臓もわずかながら機能し、
産後一時退院できるまでに快方へ向かったそうです。現在生後6ヶ月。

しかし、現在容態が悪化し腹膜透析も難しい状態で、
助かる道は臓器移植のみ。
日本では15歳未満の子供の臓器移植は認められていないので
海外での臓器移植となります。
費用は9000万円。
2月末に生きている可能性は1%以下と宣告されているそうで、
今月中に費用が用意出来なければ間に合いません。
1月12日から募金受付が始まっているそうです。

私もわずかしかできないけど応援しようと思っています。
今回の事がこの病の救いの一手につながるように願っています!
---------
創真にいただいた私達家族や皆さんの応援の声や奇跡を祈るの力も
七海ちゃんまで届くといいなぁ・・・
---------
(※2005年1月18日追記)

本日募金が目標額に届いたそうです!
(募金受付終了)
1月12日の募金受付開始からわずか7日間。みなの応援の強さが伝わります。
現在、七海ちゃんは日本で血液透析を継続しながら、
ご両親中心に渡米手続き中。
まだまだ、七海ちゃんが乗り越えなければならない壁が次々とありますが
どうかどうか無事乗り越え、日本に帰って来て!と願うばかりです。
応援に賛同して下さったみなさま ありがとうございました!!
| ポッター症候群 動向 | comments(1) | -
コメント
ゆんてさんへ
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
ゆんてさんのブログでもななみちゃんの応援されていたんですね。
今回の事は、同じ病で息子をなくした母としても、
ななみちゃんへの皆さんの応援の強さを感じ、とても嬉しい限りです。
この病は胎児の時わかる病ですが今まで”治療法がない”と言われてきました。
ななみちゃんは自らの力でそれを超え、奇跡を何度も握ってきました。
今回の事は、「この病の救いがみつかるかもしれない」ということも含んでいます。
ななみちゃんに頑張ってほしい祈りの気持ちでいっぱいです。
そして、同じ病の子をもった親として、
ゆんてさんのようにななみちゃんを応援してくださった方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。
Posted by:なちゅら→ゆんてさん at 2006年01月22日(日) 18:25

初めまして。

ななみちゃんの事が話題にありましたので、カキコしてみました^^


本当に、ネットのパワーはすごいですね!

私のブログでも募集しておりましたが、本当にあっという間でした。

後は、ななみちゃんの頑張りだけですね!
Posted by:ゆんて at 2006年01月22日(日) 13:58

さくらさんへ
ご共感ありがとうございます。
私もななみちゃん宛てに本日わずかですが送金してきました。
私も移植について、以前自分の息子について悩んだことがあるので、
実は複雑な思いの1面も持っています。
でも、きっと提供者のご家族の方は、さくらさんのように、
はっきりとしたお考えをお持ちの方なのだろうなと思いました。
その固い決意と家族の同意がなければできませんものね。
実際、特に日本では規制や倫理上制約がネックとなることが多いけど
その善意の思いだけは、こころよく広がればいいなと思います。
Posted by:なちゅら→さくらさん at 2006年01月17日(火) 21:18

なちゅらさん、こんにちは。
七海ちゃんのこと私も友人から聞きまして、早速わずかですが協力させて頂きました。
移植については本当に難しい問題ですね。
移植を受けるということは、提供される方があって初めて成り立つことで、
その提供者・ご家族の事を思うと本当に複雑です。
私自身は臓器提供意思表示カードを持っていて「全ての臓器を提供する」としています。
息子がもしドナーとなる事が出来たなら、
それは息子にとっても素晴らしい生き方となったのではないかと思ったりもします。

Posted by:さくら at 2006年01月17日(火) 17:31

キティさんへ
七海ちゃんも妊娠6ヶ月で羊水過少宣告から、
生まれるまでお医者さまに言われたことまで、私達と同じ状況で全てつながりました。
お父様お母様のお気持ちも時系列で手にとるように私達わかりますよね・・・。
どうか移植ができ再び奇跡を手にしてもらえるようにと、願う気持ちは私もキティさんと一緒です。
Posted by:なちゅら at 2006年01月14日(土) 02:00

私も今日このおはなしを知って
なんとか頑張ってほしい、と祈るような気持ちでいます。
わずかですが私も募金してこようと思います。

上の子の病気がわかったとき、移植のことやっぱり考えました。
どうか移植ができますように。
Posted by:キティ at 2006年01月13日(金) 23:22

あおママさんへ
共感ありがとうございます。
確かに倫理的なことや法的なこと、現状の日本ではこのことには
たくさんのことがネックとなっていますね。
でも、ここまで自ら奇跡を手にした七海ちゃんに、
少しでも助けの手をさしのばせる方向へつながったらいいなと思っています
Posted by:なちゅら at 2006年01月13日(金) 21:58

なちゅらさん、いつもいろんなことを教えてくださってありがとうございます。
今ホームページを見てきました。
一生懸命頑張って生きている七海ちゃん。私もわずかですが応援します。
人の命はお金では買うことなんてできないはずなのに・・。
お金がなければ命を助けることが難しいなんて悲しいですね。
そして日本ではそれが不可能なんですもんね。
私にはあまりよくわからないし、色んな理由があるのかもしれないけど・・。
とにかく今は募金が集まることですね。頑張れ〜!!七海ちゃん!!  
Posted by:あおママ at 2006年01月13日(金) 20:42
| | 2006/04/04 8:59 PM |
コメントする