<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
羊水が少ない・過少を検索しいらした方へ
★『羊水が少ない』『羊水過少』を検索しいらした妊婦さんへ★

「ポッター症候群」という病名を見てしまい、びっくりしてしまったでしょうか?
でも、羊水過少だから、羊水が少ないからポッターかも・・・とは、
限定なさらないように・・・。
お母さんの心の動きは赤ちゃんに伝わります。
まずは明るく朗らかに^^(で、お願いします。)

私が「羊水が少ない」「羊水過少」を経験した中で
調べ知ったことを記しておきます。
安心する判断に役立てて下さいね。
(ちなみに、私は女性専門の鍼灸治療院を開業している
鍼灸師(医療従事者)です。)
----------
★妊娠後期(8ヶ月〜10ヶ月)に羊水が少ない・羊水過少だと言われた方へ

まずは、そんなにあせって心配する必要はありません。
母側にも赤ちゃんにも何も問題がなくても、
赤ちゃんが大きくなったがゆえにおこり
よくあることのようですから、
母子ともに元気に出産に望めるように、
お世話になっている産婦人科の先生によく指示を仰がれて下さいね。
後期に羊水過少といわれても自然分娩され
無事誕生されている赤ちゃんは多いです。
きっと大丈夫ですよ。安心して下さい

----------
★妊娠中期(5ヶ月〜7ヶ月頃)に羊水が少ない・羊水過少といわれた方へ

羊水が少なくなった原因として、
,覆鵑蕕の原因で臍帯血流が低下している
破水してしまった
 (この場合はネットも出来ず、
  すでに入院の指示が出て病院にいると思います。)
赤ちゃんがお腹の中でおしっこができていない
・・・ということがあげられます。

私がまず言われたのは
”可能性として高いのは臍帯血流が悪いのかもしれない”でした。

忙しく働いているお母さんに多いそうです。私のような立ち仕事の方。
知っている限りでは、お医者さま、看護師さんにも
その経験をされている方がいました。

でも、なにもされなくても健康で元気な赤ちゃんを
産んでいらっしゃる方も多いです。

羊水は母側の羊膜の代謝、赤ちゃんのおしっこでできているそうです。
その代謝は、妊娠中期頃から母の代謝から
赤ちゃんのおしっこの代謝のほうが増えます。
つまり、胎盤血流が一時的に低下した場合、
母からの酸素・栄養代謝が下がり
赤ちゃんの代謝がさがることがあるそうです。

その場合は・・・
-----
★(お仕事をしているなら)休職をとり安静にすること
★なるべく横臥位(横向き寝)で休み、
 むやみに立ったり歩いたりするのはやめましょう。
  子宮の背中側には下大静脈という太い静脈が走っています。
  これを大きくなった子宮が圧迫するので、横向きで寝てゆるめます。
  下半身からの血液を心臓に戻すための血管です。
  血管の走向の関係から”左下”のほうがいいそうです。  
★水分をたくさん摂りましょう。1.5リットル/1日くらい。
 母体循環血液量が増え、臍帯血流も増える効果がのぞめます。
-----
・・・こういうことをしただけで、
私は赤ちゃんに羊水過少の原因がありましたが、一時的に羊水が増えました。
赤ちゃんに要因のない方は案外簡単に羊水も問題なく増えるかもしれません。

母側の代謝が問題だった場合は↑の指示が産科さんでも出されると思います。
入院をして安静・輸液(点滴)となる方も多いようです。
赤ちゃんの腎臓、膀胱、尿管など尿路形成に問題がなく
羊水も増えれば安心です!
-----
羊水には陣痛をおさえる物質も入っているそうなので、
羊水過少が妊娠中期から後期まで続く場合、
陣痛発来・分娩時期が早まる場合もあるそうです。
そのあたりはよく担当の先生にお話を伺ってくださいね。

たとえ早く生まれても(例えば妊娠22週以降でも!)
現在は医療が発達し赤ちゃんに器官形成などに問題がない場合は
元気に成長される赤ちゃんが多いです。
安心感をもって担当の先生の指示をよく伺って下さいね。

妊娠中期以後、赤ちゃんは羊水を飲み、おしっこで排出し、
それをまた飲み吐きし、呼吸(肺)の鍛錬をしているそうです。
なので、出生後自発呼吸に向けて
羊水がある程度あることは必要条件だそうです。

わからないことは、とことん納得するまで
担当の先生とお話しされることをお勧めします。

お腹の赤ちゃんにはお母さんの気持ちがよく伝わります。
不安があったら、一人で”もんもん”と悩まず、
まずは担当の先生にご相談を!

*Naturaにいらしてくれたママさんが
母子ともに元気で出産に望めますように祈っています おてんき
| マタニティ(プレママケア) | comments(60) | -
コメント
★あやさんへ
コメント反映、ご返信遅くなりました、すみません。
検査入院なさるんですね。
赤ちゃんのからだのもしかしたら…がわかって
お母さんがしっかりなんて、なかなかできませんよ^^;
私なんか過去記事みていただけたらわかりますが、
第1子の羊水過少がわかったときは
ブログも更新せず、仕事も休み
1ヶ月間は雲隠れしてました(苦笑

あやさんにも日常があるので、なかなかそうは今はいかないかもしれませんが、あやさんらしく、そして心張りつめすぎず、ママとしてまずは赤ちゃんの胎動の愛おしさを味わってくださいね。

あやさんの赤ちゃんはまずはあやさんのお腹の中ではへその緒でつながっているうちは、元気なはずですよ。安心して赤ちゃんに愛を伝えてくださいね。それが互いの信頼感になるはず。

ドクターもいろんな提示をして下さると思いますが、あやさんとあやさんのご主人とでよく相談して、あやさんらしい選択をぜひなさってくださいね。

どんな結論でも、どんな治療選択でも、あやさんとパパさんが一所懸命出した答えと選択は、血でつながった赤ちゃんも一緒に考え導き出してくれた考えだと思います。

赤ちゃんが生まれる前から親としての選択を求められるかと思いますが、あやさんらしい選択を。

どんな選択をしても、親のエゴのような気もするかもしれません。そんなとき、ぜひ自分が赤ちゃんの立場だったら…と考えてみて下さいね。
「どんな答えでも、自分のことを懸命に親が考えてくれたことだったら、私なら親が私のことをそこまで考えてくれた事自体に嬉しいと感じると思います。」
…これは、実際お世話になった産科医の先生の言葉です。
私もそう思えたから、気持ちが楽になりました。

がんばりすぎませんように。弱音はどんどん吐いて、お母さん、そしてあやさん家族になってください。
| なちゅら→あやさん | 2013/05/21 12:00 AM |
なちゅらさん、お返事ありがとうございます。
医療センターで診てもらった結果、やはり羊水過少・両側腎のう胞性変化・膀胱が見えないと診断され、赤ちゃんの大きさは順調で元気に動いているので、赤ちゃんがおしっこを少しでもできているのか、まったくできていないのか等を検査するために入院することになりました。
入院までの1週間は普通に生活をしてもいいと言われたのですが、仕事(フルタイム)も手につきません。赤ちゃんが頑張ってるのに母親の私が弱気ではダメなんですが…
毎朝胎動がちゃんとあるか不安で目が覚めてしまいます。もっとしっかりしないとダメですね…情けないです。
| あや | 2013/05/19 12:26 PM |
★あやさんへ
はじめまして。そうですか…羊水0に近いですか…
腎臓の水泡は両側みたいですか?
ポッター症候群も、お調べいただいたと思いますが、
膀胱腎臓の発生のないもの自体が純粋なポッター症候群で、
内臓が「ない」ということは、やはり生きていけませんが、
嚢胞腎の場合、(片側でも両側でも)腎臓は一応あるので
【無事】とはいきませんが、
命には別状なく生まれて来て来れるお子さんもいらっしゃますよ。

ただお腹の中でもおしっこが出せない状況なので、羊水過少が続くと肺低形成が示唆されますので、できれば人工羊水注入があったほうがいいかと、生まれてから腹膜透析が必要と、奇跡とその子の強さでその後が変わってくるかと思います。
あやさんのお子さんも強いお子さんでありますように(祈
| なちゅら→あやさん | 2013/05/16 1:22 PM |
23wの検診で、羊水がほぼ0で腎臓に水泡が見える。こども医療センターを紹介するから1週間~10日以内に見てもらってと言われました。
胎動も感じるし、大きさも順調で心臓もしっかり動いていて、信じられなくて頭が真っ白になりました。
ネットで調べるとポッター症候群ではないかと思っている中、こちらのページにたどり着きました。
明日、医療センターで診てもらう予定なのですが、不安で仕方ありません。
ポッター症候群と診断されて、無事に産まれることもあるのでしょうか?
| あや | 2013/05/15 10:13 PM |
★ママになるぞ!さん
そうでしたか^^ 待望の赤ちゃんなのですね。
だったらなおさら。
今、ゆーーーーーーーっくり休息をとってください^^

産前の「休んでいいよ」という言葉は、
【なんてありがたかったか!】と
産後ぜーーーったい思うはずです(笑

私も第1子を生みなくして7年後、
待望の第2子を今年9月にお産しました^^
今は生後2か月。
生まれたら生後3ヶ月までは辛抱とよく聞きますが、
ほんと。生まれるまでの心配なんて…なくらいで、1〜2時間起きの授乳、眠れない(眠らせてはもらえない)毎日、トイレに行くにも・家事をするにもやっとやっとの日々が待っていますよ^-^

嬉しい悲鳴の毎日がこれから待ってますから、
まずはゆったりのんびりお腹で赤ちゃん育ててあげてください♪
| なちゅら→ママになるぞ!さん | 2012/11/24 1:33 AM |
なちゅらさんコメントありがとうございました_(._.)_
結婚して8年目にしての待望の赤ちゃんで、嬉しい反面不安が大きく…早い段階からの羊水が少ないとの指摘で余計不安が強かったです。
今回入院になり、ゆっくり出産までの時期を楽しむという気分にもなかなかなれませんでしたが、なちゅらさんのコメント見て救われた思いです。
先生いわく、私の母体の方に原因があるのではとの指摘で、赤ちゃんには問題はないようなとのことでした。看護師さんからお腹が冷たいねっと指摘され、以前(妊娠する前)からあったなと思います。血流が悪い方なのかもしれません。
しっかりお腹周りを暖めて、出産までの入院生活を過ごそうと思います。
| ママになるぞ! | 2012/11/22 10:55 AM |
★ママになるぞ!さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
(※すでにママになるぞ!さんは、お腹の赤ちゃんのママですよね^^)

妊娠36週で羊水過少、胎児発育遅延、胎児徐脈にて母体管理経過観察で入院中とのこと。

羊水過少は
母体要因(子宮筋、胎盤、臍帯血行量=子宮筋血行量=母の血行低下による代謝低下)、
胎児要因(なんらかによる赤ちゃんのおしっこ量の低下)があります。
現在入院中で、赤ちゃんの泌尿器に問題がないのならば
まずはまずは安心してください。
安心してドクターの判断にまかせてくださいね。
(胎児徐脈があるそうなのでちょっと体力の弱いお子さんかもしれません。→経膣はたえられず週数早めに帝王切開かな。)

母体要因でも、環境要因(多忙にて血行低下)の方もおられるし、物理的(実際に胎盤・臍帯の形状などで問題がある)の方もおられます。

物理的な問題については偶然そう形成されただけですし、
環境要因については、原因ではなく誘因であり、ママになるぞ!さんが悪いわけではありません。
改善を手伝うためには、安静が一番です。という意味です。

ゆっくりベット上でお休みのなられて、しっかり点滴うけてくださいね^-^

現代社会は、医療のお手伝いがないと妊娠・出産ができないお母様方も増えており、
(医療管理のない自然なお産にあこがれるかもしれませんが、自然はやさしくもあれば厳しい世界です)
医療管理やお産もお手伝いをしてもらって、
母子ともに無事お産される方も多いものです。

安心・安全なお産。が【安産】だと思います。

今はママになるぞ!さんのお腹の中で、しっかり赤ちゃんを育てることが第1目標です。
もしかしたら予定日を待たずに帝王切開かもしれませんが、それまでしっかりお母さんは休息と水分と栄養をとって赤ちゃんをできるだけお腹の中でしっかり育ててあげてくださいね。
それは、あなたにしかできないことですから。
| なちゅら→ママになるぞ!さん | 2012/11/20 10:34 AM |
今、妊娠36週ですが、羊水過小と胎児発育遅延のため入院中です。妊娠の早い時期から羊水が少ないと指摘されてました。
やはり、立ち仕事を続けてたことに問題があったのでしょうか?仕事上、普通に動いてましたし、無理していたのかと今では思います。
羊水過小による胎児への影響を携帯などで見ていたら、不安材料ばかり。ついでに脈も遅め。ただ、救いは胎動があることかな。穏やかに過ごさないと、と思うんですが…
| ママになるぞ! | 2012/11/20 7:58 AM |
★りえっちさん
コメント残していただきありがとうございます。

同じ時期に、そして、同じく第2子妊娠中。
正直、自分も今回の妊娠中、
子供の臓器や四肢、お顔がそれぞれ随時、
ちゃんとエコーで形成確認されるまで、
気が気ではありませんでした。
だから、すごくりえっちさんの気持ちもよくわかります。
特に、今、私も妊婦をしているから、余計。

現在37週に至って「羊水も減ってないよ」と先生に
この間の検診でも言われ、どこまで安堵したことか。
この先生は、第1子妊娠中からずっと続く、
ずっと私の心身をもささえて下さってる
仕事上でも今やお世話になっている先生です。

産科医の先生もけんめいに赤ちゃん、妊婦さんを
助ける方法を第1に考え、提示してきてくれると思います。
先生たちも全力、全知識、経験を引き出して、
やりきってくれると思います。

私はりえっちさんに寄り添ってあげれないけれど…。
ぜひ成育の先生たちと信頼を結べて、
最善の方法がみつかりますように。
そして、赤ちゃんの治癒力が引き出されて、
奇跡を勝ち取ってくれるように、祈っています。
| なちゅら→りえっちさん | 2012/09/06 11:56 AM |
なちゅらさん色々とありがとうございました。羊水過少についてもなんとなくわかりました。

来週の結果を聞くのは怖いですが先生の話をよく聞き今後について話し合っていきたいと思います。

なちゅらさんはもうすぐ出産ですね。あと1ヶ月無理せず無事に出産できるよう願っています。

| りえっち | 2012/09/06 9:48 AM |
★りえっちさん
なるほど。では、羊水過少なのですね。

肺が低形成になってゆくかどうかの話は、
これから羊水過少が続くことで起こりえるという話です。
30週時点で肺の問題でMRIを行なったのではなく
泌尿器の形成の確認、
胎児の腎臓・膀胱のMRIを撮ったのだと思いますよ。

羊水は赤ちゃんのおしっこで出来ているのです。
肺の問題で羊水過少とはなりません。

腎臓について、はっきり言ってしまうと、
たしかに、りえっちさんの第2子ちゃんのように
20週後半まで何も問題なかったのに、急に羊水過少、
腎臓に問題がみつかる方も過去おられています。

この場合、
狭義の腎臓無形成のポッター症候群ではなく、
広義のポッター症候群、
腎臓は形成されたが、形成不全があったため、
代謝していない嚢胞で腎臓実質がみたされ、
おしっこがしずらい状況、
または、まったく出なくなっているだろう状況、
が起こっているのかな…と推察します。
そういう経過の方が多かったです。

それが、片側腎だけだったらよいけれど、
両側性だったら、今後に覚悟が必要です。

今後どう対応してゆくのか、
施設でも違うし、医師でも違うし、
それこそ親御さん個々の考えでも違ってきます。

過去、成育医療センターにお世話になった
ポッターママさん
(ポッターちゃんを身ごもった経験のあるママさん)
はたくさんおられますよ。
先生もその対応は経験があるんじゃないかな。
満期まで待って自然陣発でお産された方もおられるし。

まずは、どんなことが起こっているのか、
まずはドクターのお話を聞いて、
どんなことが起こりえるのか、よくお聞きになって、
その中で、りえっちさんとご主人の考える
赤ちゃんにできる希望を考え、お伝えし、
先生たちとよく話し合ってください。

医療も年々進み、今では、
両腎の嚢胞腎でも、どうにか生まれてからおしっこが
多少でできて、腹膜透析もあわせてし、
奇跡的に肺も機能するようになって、2歳くらいで
お母さんから片側腎をいただいて生体間腎移植をし
今では何も問題なく育っているお子さんもおられます。

よくよく、先生のお話をきいて、
これからの希望を先生と一緒におさがしになられてください。

それとSNSのmixi内に
【ポッター症候群】のコミュニティがあり、
たくさんのお母さんたちが経験に基づいた、
治療、お産、経験報告をして下さっています。
資料もたくさん掲載されてます。

もし、産院で【腎臓の形成が】というお話があがったら、
ぜひ、私個人的に相談ではなく、
ポッターコミュで、他にもたくさんおられる
先輩ポッターママさんに相談されたほうが
今後、りえっちさんのお力になると思います。

きびしいことを記しましたが、
考えられる問題を提示させていただきながら、
その中で、早いうちに【光だけは】
みつけていただきたいと思い記させていただきます。
| なちゅら→りえっちさん | 2012/09/06 12:19 AM |
なちゅらさんお忙しい中、お返事ありがとうございました。
私の言葉が足りなく申し訳けありません……羊水が少ないと最初の病院で言われて他の病院を紹介され行ったんですがそこではほとんどないと……でもそこでは腎臓が気になるからと療育センターを紹介され、羊水過少と言われました。ですがその時点では赤ちゃんの大きさも腎臓も大丈夫で他に原因がみあたらないので経過を見て行くしかないと言われたんですが結局、30週で検診に行った時に肺に異常が見られると言う事で急遽MRIを撮りました。 よく聞く人工羊水注入も羊水がない人にしてもあまり効果がないと言われました。。。

それまでは仕事をしてていいと言われてたので仕事をしてましたが療育センターではとりあえず安静にと言う事で仕事を今は辞めて家にいます。 でもこちらが聞くまでは仕事や薬(張り止め)など聞かれずで…… しかもあまり焦りもないのでちょっと心配になってしまいこちらにコメントさせて頂きました。
まだ2回しか通院してませんが大丈夫なのか不安で…… でも仮に異常がみられても治療が出来ないからしょうがないのかと色々考えてしまいます。

とりあえず次の結果を聞きに行くときはちゃんとメモとります。

わかりずらいかもしれませんがこんな感じです……
| りえっち | 2012/09/05 11:47 PM |
★りえっちさん
はじめまして。
コメント残していただきありがとうございます。

まず。
【羊水が少ない≠羊水過少】であることを
しっかり頭においておいてくださいね。
羊水過少、羊水が少ないは、羊水指標(AFI)で決まります。
それぞれ危機度がまったく違います。
これをお医者様に確認なさってください。

以下、いったんまとめます。
第2子ちゃん妊娠中で、25週から羊水は少なめ。
27週で一般産院から転院し、精査。
29週で成育医療センターに転院、再精査と
今後肺低形成を考え、30週で胎児MRIがあった。
…ということですね。

とりあえず。
そんなに赤ちゃんにとって緊急性で危機感の強い状況では
ない。ということは言えると思います。

もし、そういう自体が示唆されているならば、
5週も待つ、検査もそんなゆったり待つ。
なんてことはありません^^;

それだけ、羊水過少と羊水が少ない。
という事実には差があるんです。

また、羊水が少ない要因も、たぶん赤ちゃんの命に
緊急性のある危機的状況は
今時点ではないのだと思います。

赤ちゃんの泌尿器系の問題でなく、
おそらく胎盤、子宮筋、臍帯など、
子宮内付属物の【代謝】の問題じゃないかな…。
と思いますよ。

たぶん、(羊水過少だと不適応のことが多く、
羊水少ないだとおそらく適応)今後、
お母さんのお腹を通じて注射で人工羊水を注入し、
妊娠経過を細かく追って、赤ちゃんの成長を待って、
正期産にはいってすぐくらいに帝王切開でお産。
とかの選択になるのでは?と思います。

赤ちゃんの肺の熟化(肺胞の形成)を考え、
最低限34週まで赤ちゃんは子宮内においてあげて
育ててあげたほうがよいようです。

結構、胎児は圧迫に強いですよ^^
じゃないと、経膣分娩なんて耐えられませんしね。
胎盤臍帯を通じて、胎児は代謝・栄養をもらってるし、
意外としっかり育ちますよ^-^

あまり悲観的にならずに、しっかり今、
りえっちさんの赤ちゃんに、
どういうことが起こっているのか、
どんなことが今後必要なのか、
しっかりまずは先生の説明を受けてくださいね。

おそらく、そーんなに一刻をあらそう焦る事態
とかではないと思いますよ。
今までの私の知識と経験から考えるに。

あせらず、落ち着いて、まずは医師の説明をよく聞いて、
りえっちさんの子宮内の状況がどんななのか、
赤ちゃんの状況がどんななのか、
それに応じて、今後必要な治療法はどんなことなのか、
しっかり順番立ててきいてきてください。
そこで、よくわからないな。ということは、
説明の単語も含め、その場で質問してきてください。
きっと大丈夫ですよ^-^
| なちゅら→りえっちさん | 2012/09/05 10:39 PM |
なちゅらさんこんにちは。はじめまして。
現在、第2子妊娠30週になりました。

25週の時に初めて羊水が少ないと言われ(その前の検診でも先生の中では少ないと気になっていたみたいです)27週で転院し細かくエコーをみましたがはっきりした原因がわからず今は国立成育医療研究センターに通っています。
29週まで特に異常が見られませんでしたので経過をみてましたが30週のとき肺が低形成の疑いがあり急遽MRIを撮りました。検査結果は来週出てそれからどう進めていくかお話があると思いますが…… 無知な上に先生を前にしてしまうと怖くて聞きたい事も上手く聞けません…… エコーで赤ちゃんが狭いお腹の中で顔が細くなっていく姿をみていると1日でも早く生まれた方がいいんじゃないかとも思ってしまいます。
来週結果を聞きに行くんですが何をどう聞いたらいいかよくわかりません……これだけは聞いといた方がいいと言う事あれば教えて下さい。




| りえっち | 2012/09/05 2:41 PM |
★ヒラリさん
コメント残していただきありがとうございます!
そうですか…海外に今おられるのですね…。
ただでさえ妊娠中何かばご不安でしょうに…。
少しだけでもこのブログもお気持ちの支えに
なれていたら幸いです。
| なちゅら→ヒラリさん | 2012/06/02 9:58 AM |
今、海外で入院中の妊婦です。
色々な問題があって、
落ち着いたかと思えば今度は羊水がない。と言われ、ただ祈って待つしかないない。と言われ、不安でいっぱいです。が、このブログを読ませて頂いてちょっとほっとしました。同じような方がいたり、参考になることを教えて頂いてありがとうございました。
頑張ろう、信じようと思います!
| ヒラリ | 2012/06/02 5:10 AM |
★kei&Jin Mamさん
仁くんのご誕生、おめでとうございます。

そうでしたか。
Jinくん、がんばったね〜。

そしてKeiくんも事実ともにお兄ちゃんだ。

退院がはやかったのはJinくんが
上手に生まれてきてくれたからだし、
Mamさんが上手に産んであげたからですから。
自分とJinくんたくさんほめてくださいね。

本当に泌尿器に関連しての羊水過少でも
そのパターンは色々だなとつくづく感じます。
(泌尿器以外の羊水過少のパターンもありますしね。)

そして、神奈川こども病院さんだったのですね。
天使のブティックさんがいらしゃる。
またお体が復帰され時間がゆるせば天使のブティックさんでも、
みなさんと交流もっていただけたらと思います。

ちなみに。

「なちゅら」で検索かけると私の居場所って実はわかりますよ。
個人情報なのでここには書きませんが^^;
それで直接お会いするお母さんも時々いらっしゃいますよ。
| なちゅら | 2010/06/06 11:20 PM |
なちゅらさん

こんにちは
Kei Mamです

6月2日(水)3282gで我が家の待望の次男、Jinが誕生しました。
前日の検診では2800g推定と細身のはずが
予想外の大きさにビックリ。

大きな大きな産声をあげ、これならば大丈夫!と
両親だけではなく産科・新生児科の医師を安心させたほどでした。

しかしやはり少なかった羊水は彼の肺を育てておらず
外界で生活することは出来ないレベル。
おしっこはかろうじて出ているものの
出ているだけで腎臓機能としては疑問の出るレベルの
ものだったようです。

出生直後はその産声から積極的治療が開始されましたが
翌日午前には人工呼吸以外のすべての延命処置を止めることとなり、
その日のうちには〜と言われつつ、
彼は何回も医師の予測を裏切り、3日間頑張り続け、
昨日6月5日午後、空の世界へ帰って行きした。

彼の頑張りのおかげで4歳の兄であるKeiと
ママ・パパの4人でNICU内の一室で
家族4人で過ごすことが出来ました。
保育園と言う集団生活をしている幼児は
病気といつも接しており、NICUの入室は基本NGのはずであるのに
新生児科の医師の協力でKeiも兄の気持ちを
満喫することができました。
私も産後1日目にも関わらず産科医師の配慮もあり、ずっとJinと一緒にいることが出来
更には退院予定の2日前なのに、Jinと一緒に我が家に帰ることが出来ました。
今は家族4人で来るはずであった日常をのんびりとすごしています。

Jinは漢字では『仁』と書き、思いやりの心を表し仁術=医術につながります。
今回の出産は神奈川県立こども医療センターをいう、なちゅらさんもご存知のところですが、そこの医師・看護師の方々のホスピタリティーには本当に感謝でいっぱいです。
文字通り『仁』を持って生まれてきた子でした。

彼の出産予定日ははからずとも彼の命日となった6月5日。
多分Jinは神様からこの世界での人生を許されずに降りてきたものの
どうしても家族といたく、ちょっと早く生まれて3日間だけ自分は痛い思いに耐えつつも
家族と過ごしてくれたのだと思っています。

今回私はこんな残念な結果になってしまいましたが
Jinを産んだこと、Jinから学んだことは
大きいのではないかと今は漠然と感じています。

結局のところJinの病名ははっきりポッター症候群とは呼べなかったのですが
その類型であることは間違いなさそうです。
羊水過少といっても色々あります。
今回私は残念な結果になってしまいましたが
今後の方もそうであるとは限らないと信じています。
ただ一つ言えるのは、ぜひいい医師(産科・新生児科)とめぐり合えるように〜
納得いくまで話をしてから出産すると気持ちの落ち着きと信頼が違います。
それだけは自分で出来る努力なので
ぜひやって欲しいなぁというのが私に出来る唯一のアドバイスとなりました。

なちゅらさん、このHPには本当に勇気付けられました。
ぜひ今後も遊びに来させてください。
本音は、なちゅらさんのところまで治療を受けに行きたい気持ちでいっぱいです。
どこで開院されているのか分かればいいのに…。

Kei Mam
| Kei Mam | 2010/06/06 11:33 AM |
★kei mamさんへ
そうでしたか。
検査結果を待っている間、そして説明をいただく間も
ご不安だったことでしょう。

でも、通常よりも少ないけど、腎機能と膀胱が機能している
ということに安堵しました。

今の新生児医療は日進月歩で本当によく進んでいます。
きっとkei mamさんのお子さんも助けてもらえるでしょう。

お子さん産まれた、またぜひご連絡くださいね。
| なちゅら | 2010/05/24 6:08 PM |
なちゅらさん

先日は暖かいメッセージありがとうございます。
検査結果待ちの不安の日々、力を頂きました!

さて、先週金曜日に医師と話をしてきました。
やはり右側の腎臓がないことが確認され
左側の腎臓は位置が上すぎる(脾臓の位置にある)ことと、
本来片側が無形成の場合は大きくなってその機能を補おうとするのに
通常より小さいことが指摘されました。
また、羊水過少の特徴である肺の低形成の可能性も高いと。

過去例からすると生存率5%以下という厳しい状況であることも
伝えられました。

それでもここまで頑張っているし、少なくとも母体内での
腎臓&膀胱が通常の半分であっても機能しているので
積極的に延命するつもりでの出産を迎えましょうと
言ってもらえました。

生まれてみないと、病名をつけることが出来ないとのことなのですが
羊水過少症を指摘され、不安な日々を送っている方の力になれるような
ご報告が出来るように…出産後またご報告させてください。

Kei Mam

| Kei Mam | 2010/05/24 5:16 PM |
★kei Mamさん
はじめまして。コメント残していただきありがとうございます。

お兄ちゃんのお友達に「そうま」くんがいらっしゃるのですね〜。うふふ^^
(私もクライアントさんのお子さんにそうまくんが多かったりします^^)

さて。
第2子ちゃんが腎臓が…。とのこと。
でも羊水過少ながら
・37週まで来れたこと、
・羊水ポケットが若干でもあること
・片側腎でも機能しており、膀胱が機能を確認
ということですから
きっと元気に生まれてこられることでしょう^-^

遠慮せずにまたその後お知らせくださいね。
きっと他のお母さま方にも勇気になるはずです^-^
| なちゅら→Kei Mamさん | 2010/05/15 3:20 PM |
なちゅらさん
はじめまして
現在第二子妊娠37週になるKei Mamと申します。
第一子のKeiは2005年の夏生まれ。
創真くんと同級生、お友達に漢字違いの"そうま"くんがいてとても親近感を覚えちゃいます。

さて、現在お腹にいる第二子は28週から羊水過少を診断され、周産期病院へ転院。
入院検査中は左右両方の腎臓がエコーで確認されたのですが、33週になって
右腎臓が消失(確認できなくなる)。
左側の腎臓も形・位置がおかしく、現在臨月にも関わらず精密検査待ちの日々を
送っています。
少なくとも膀胱が機能しており、羊水も少ないながら一定値(羊水ポケット1.5〜1.3cm)を
維持しているので、将来を悲観せずに子どもの生命力を信じていこうと
思ってはいるのですが…
ポッター症候群であるとの診断は受けていないのでココでのコメントを
悩みもしましたが子どもの腎臓に不安を抱えていることは確か。

もしかすると今後ここを検索する方になんらかの足跡を残せるかも?と
メッセージ送信させていただきました。

またその後についてメッセージ送ってもいいでしょうか?
本当にこのブログにはずっと励まされていたので〜〜
よろしくお願いします。



| Kei Mam | 2010/05/15 2:24 PM |
★あつさんへ
今までの状況をご記載いただきありがとうございます。
その後、コメントのご記載がなかったので、きっとそれどころではないのかな・・・と想像していました。そして心配していました。
お父様としてのあつさんも、大変だったことでしょう。

奥様の子宮頚管無力症のお話がありましたので、
きっかけとしてそこがあったのかと思いました。

お子さんをさずかりたい、育てたいの望むのは
人として当り前のことだと思います。
ですから、ご自身を責めませんように。

奥様は子宮頚管縫縮術を受けていましたか?
今度妊娠されることがありましたら、
早々に手厚いケアを受けられますように・・・。

また、こちらにもご報告いただけましたら幸いです。
| なちゅら | 2010/04/02 10:47 AM |
なちゅら様、ご丁寧なお返事を頂きました事心から感謝致します。その後の目まぐるしく変わる毎日で、中々書き込めませんでした。私達夫婦も落ち着きをやや取り戻し、気持ちに若干余裕が出来ましたので、書き込みさせて頂きます。日時が経ち、書き込める内容がかわってしまいました。
元々妻は妊娠中を平穏に過ごせない体質(径官無力症)←(漢字間違ってたらごめんなさい。)で、先に生まれた子も極低出生体重児として生まれました。(その子は目に若干障害があるものの、いまではやんちゃぼうずです)その件も有り、また、初めての子を20週以降に死産した経験もあったので、今回は万全の態勢を取り、およそ考えられる全ての対策を早めに行ってまいりました。しかしなぜか順調に事は運ばず、言われたとおり指示も守ったのに・・納得がいかず、先生とも良く話し合い、その後にしこりが残らない様しっかりと再度説明を受けました。なちゅら様のブログを拝見後、横向きに寝かせたり、水分をきちんと摂取させたりなど、自分達に出来る範囲のことは頑張ってきました。その後の結論からすると、今回赤ちゃんは助けてあげる事が出来ませんでした。子宮の炎症などの合併症の事や、羊水が増えない事、赤ちゃんの成長がこれ以上望めない事、妻の体の事、それらを考慮した結果、ウテメリンの投与を止め自然分娩となりました。31日の午後21時11分、374gと言う小さな身体で生まれてきました。男の子です。先生や看護士さん達に、赤ちゃんがとてもきれいな身体で生まれてきてくれたと、そしてこれまでご夫婦でよく頑張ってくれたと褒めて頂きました。その晩はずっと交代で掌に乗る我が子を、妻と交代でだっこしました。とてもかわいかったです。今は全て終わり、またちょっとだけ小さくなって家に帰って来ました。よそ様は、そんな状態になるのになぜ子供を作るのか?とか、だからよせばよかったのに・・とか、もう子供がいるんだからいいじゃない。とか・・心無い言葉を発する人もいましたが、すでに子供がいるからと、危険があるからと、簡単に諦めきれることではありません。子の親である以上、家庭円満でいる以上、もっと子供を望んでも良いじゃないですか・・妻とじっくり話し合って、欲しくて子供を作ったんです。私たちは間違っていたのでしょうか・・真剣に取り組んできたからこそなお今回の結果は悔やんでも悔やみきれません。いくら泣いても涙が出ます。でも辛いですが悲しんでいるばかりでもいられません。日々時間に追われながら過ごす中で、気持ちを切り替えて前に進むにはもうちょっとだけ時間が掛かりますが、これからも家族みんなで仲良く暮らして生きたいと思います。最後に、やさしくアドバイスを下さったなちゅら様、子供の事に全力で尽くしてくれた看護士の皆様、先生、全ての方に、この場をお借りして心から感謝申し上げます。また現在妊娠しているお母様、ご心配を抱いている方に、少しでも不安が取り除かれ穏やかに時を過ごせる様、また、一つでも多くの幸せが訪れますことを、心よりお祈り致します。全国のママ、パパ明るく気持ちを持って頑張って!起こりうる全てのことには、必ず何か意味がある。私はそう信じています。長文駄文失礼致しました。
| あつ | 2010/04/02 10:37 AM |
★あつさんへ
コメント残していただきありがとうございます。
奥様とお子様のこと、とても心配ですね…。

管理人である私(なちゅら)は、現在、不妊・産科にかかわる鍼灸治療を仕事をしておりますが、
身近にも、やはり前期破水で…という方もいらっしゃいます。

先月逆子治療で32週でいらしたお母さんは、お仕事が多忙な現場だったそうで、妊娠15週で破水・出血があり緊急入院。張り止めの点滴を24時間うけ、ベット上で1カ月過ごしたそうです。
運などもあるかと思いますが、状況がよく破水痕が消え、胎盤機能に以上もなく、細菌感染もなく、
無事に機能が戻って、羊水が増え、この週数に至った。お仕事は退職なさったとお話を聞きました。
結局逆子はその後も治らなかったけれど、(その理由はたぶん物理的なものがあると思います)38週で今週無事帝王切開でお子さんが誕生されています。

かたや、同じく15週で破水・出血。張り止め点滴24時間を受け、ベット上で過ごした別のお母さんがいらっしゃいましたが、18週まで様子をみたものの、胎盤機能がもどらないのと、胎盤と赤ちゃんの近くに血腫の存在があり出血がとまらず、羊水がふえず
そのままお産の判断となったお母様もいらっしゃいます。
(生まれたお子さんにも私も抱かせていただきに行きました。)

そのお母さま方とお話してみても、やはりキーワードは
「〜21週6日」後期流産 「22週0日〜」早産の定義の違いです。

日本では、23週で生まれても高度母子医療のすすんだ産科病院であれば、どうにか助けてあげれることがあるようです。
その以前だと生まれてしまうと厳しいかな…。

とにかく、今後胎盤機能が戻ることを想定しても、
卵膜の破水痕がうまくきえることを想定しても
奥様には、とにかく羊水に細菌感染をさせないように気をつけていただかないといけないと思います。
ベット上で安静にして、トイレも気をつけることです。

今、できることは、とにかく子宮の収縮をとめて、
奥様にはベット上に横になり、子宮への血流量を補完しておくことです。
また、先にしるした腟を通じての羊水中への細菌感染だけは避けるように。
どう対応したらいいのか、今一度、産科のドクター、助産師さんにも尋ねてみてください。

ドクターは、万が一の考えられる怖いことも「言わなかった」ということはできないので、必ず口にします。

だけれど、それが必ず起こるわけではありません。

私も妊娠中、たくさん怖いことも耳にはしましたが、ドクターがおこりえることして口にした怖いことが、すべて起こったわけではありません。

人間の治癒力って、想像以上ですよ。ホント。

あとはそのお子さんのもつ奇跡の力を祈るだけ。

奇跡がおこりやすいように、あつさんなりのお子さんと奥様への応援はぜひ続けてあげてくださいね。
| なちゅら | 2010/03/27 9:15 PM |
皆さまの書き込みを、拝見させて頂きました。誰かに話さなくては、気がおかしくなってしまいそうで、かと言って友人に話すのも余計な気を使わせてしまうので、余り深く話せず‥皆さまと症状が違うかも知れませんが、恐れながら書き込みさせて頂きます。私は29歳男性で、現在妊娠20週目の妻がおります。先日急に下から水っぽいものが出ると妻に言われ、その日の内に病院に連れて行った所、主治医の先生から「破水はしていないが、何らかの原因で羊水が流れ出てしまっている」と言われました。このまま状態が悪くなると、母体を守る為の自然な反応として、陣痛が起こり赤さんは出てきてしまうそうです。2日経ちますが、羊水が増える様子も無く、現在はお腹の張りを抑える薬をずっと使い続けております。先生からは、上に子供もいるし今回は自然な流れに任せて、状態を見守ろうと、事実上諦めなさいと言葉を変えて言われました。今のままではかなりの高確率で、助からないみたいです。 長くなりそうですので、一旦区切らせて頂きます。
| あつ | 2010/03/27 1:58 PM |
★けねりさん
コメント残していただきありがとうございます。
けねりさんの娘さんのこと。私も忘れません。
腎臓の形成がなかったとのことなので、
純粋なポッター症候群になると思います。
遺伝性はなく偶発的なものなので、
お母さんの健やかな身体をとりもどして、
娘さんのご兄弟を抱いていただけたらと思っています。
お産をなさったあと、これでよかったのかなと
迷いもたくさん出てくるかと思いますが、
私の友人でもある主治医(女医さんです)が言ってくれた言葉にいつも助けらていますので記しておきます。
『親の立場だと、悩んでもなやんでも決められないし、後から後悔もうまれてくるけど、
自分が子供の立場で考えてみるとどんな答えでも
自分を思ってたくさん悩んで出してくれた答えは
やっぱりたくさん思ってくれたんだと思えるし、
どんな答えでも、きっとお腹の子も一緒に考えて
出てきた答えだと思います。』
まずはお母さんのからだの健やかさをとりもどして。
きっとお空からママのことみてますよ^^
想ってあげながら、(たまに涙して)いきいきしている
姿もみせてあげてくださいね。
| なちゅら→けねりさん | 2010/01/07 12:39 PM |
なちゅらさん こんばんは
MRIの結果、腎臓未形成ということで、昨年、12/17、21週0日で分娩となりました。
幸せで仕方なかった妊娠期間でした。今まで数回、初期流産を経験し、やっとやっと授かった大切な命でした。
 小さい小さい女の子、旦那さんの輪郭に似た子でした。初めて会うわが子がこんなにもかわいいものかと、ただただ愛しくて愛しくてたまりませんでした。。私のお腹にいれば生きていける命をこうして絶つことになってしまったことがかわいそうでなりません。
分娩についての主治医の説明もほとんど頭に入りませんでしたが、先日の経過検診のときには経過が良いとの事で、出血も収まってきたのもあり、自分の気持が少し整理していけるかなと思っているところです。
 今回のことは突然の悲しいことに衝撃を受けているだけしかできず、この悲しさと悔しさは忘れることも出来ないと思いますが、旦那さんとこれだけ同じ気持を共有し、沢山の話をしたことはなかったかもしれません。
私たちの運命だと受け入れるしかないと、考えられるまでに、支えてもらえることの幸せを感じたこともなかったかもしれません。これはベビが教えてくれたことです。結婚11年の私たち夫婦にきっとそれを教えてくれるためにベビがいたのかもしれません。悲しい中でもベビに感謝しています。立ち直ることに時間はかかるかもしれませんが、「これからも必ず守る」と言ってくれた旦那さんのためにも早く体調を戻し、また、このベビが元気になって私のお腹に戻ってきてくれるよう頑張って生きていきたいと思っています。
また幸せな妊婦さんになりたいです。
| けねり | 2010/01/06 9:11 PM |
★けねりさん
コメント反映、お返事遅くなり申し訳ありません。
その後どうされていますか?
またコメント入れてくださいね。
| なちゅら→けねりさん | 2009/12/19 4:23 PM |
昨日20週検診の超音波検診で「羊水が少ないので、赤ちゃんがおしっこをしていないか?したばかりで腎臓が見えないのか?」と先生より説明を受けてきました。昨日は朝8時からの超音波検査だったので、今日は12時から再検査してもらうことになりました。今は大丈夫なんだろうか?と不安ですが、毎日立ち仕事な事、トイレが近いのでもしかしたら水分不足だったのかも?と思うところがあり、まだ改善の余地はあるかな?と少し安心しています。とにかく今日これから再検査を受け、旦那さんと説明を受けてきます。また、ご相談させてください。
| けねり | 2009/12/10 10:55 AM |
★きっちゃんさんへ
お忙しいなかご報告くださってありがとうございます^-^
そうでしたか。まずはよかった!
なんらか胎盤血流・臍帯血流の低下などによって、
赤ちゃんの代謝が減って羊水が減ってしまうことはあるようです。
その対処法がこの記事なんですけれど。
まずは膀胱見えてよかったですね^^

今までも絶望的なことを言われながら、
赤ちゃん自ら奇跡をにぎって生まれ、育ち
ポッターでも無形成ではない場合、
御存命のお子さんがおられます。
腎臓の機能は大切に見守らなければならないようですが。

自然界では可能性が0というのは
ないということですよね。
奇跡をにぎる命もある。

ほんとよかったですね〜。
安心とまではいけないけれど、
きっちゃんさんのお子さんの力を信じて〜☆
| なちゅら→きっちゃんさん | 2009/09/30 1:06 PM |
お返事ありがとうございました。
 羊水注入後、二日間、進展の見えなかったその翌日の三日目に、思いもよらない報告を受けることになりました。
 担当医師より、膀胱を発見したこと及びその機能が見られるとおっしゃられたのです。もともと、臓器血流量異常等は見られなかった(なぜかはわからないと言われましたが)点をふまえると、おなかの子に対する認識を変える必要があると、ポッター症候群が否定され、胎児の成長をフォローし、仮にSOSが見られても治療の方向に切り替えるとおっしゃられたのです。
 正直なところ、180度の方向転換に、その説明を受けながらも、初め理解が付いてこずに、今回のことで、胎児への障害、奇形等の不安も取り除くことが容易ではなかったのですが、先生は、現時点では、その可能性もかなり低いと考えられるという見解でした(相変わらず、どうして良い方向へ転換したのかはわからないと付け加えられましたが)。
 今のところ、24時間の点滴は変わらず、モニターチェックも回数を増やして経過を見ていただいてますが、退院の可能性も含まれるまでおっしゃってくださりました。
 全てにおいて、楽観的になってはいませんが、私たち三人を見守ってくださった家族の支えや、クリニックの先生の迅速な対応、そして、設備の整った病院での治療と信頼できる先生方、看護士方のご尽力が私たちの子供に生命力を吹き込んでくださったと思い、何よりも私と妻が子供の生きようとする力を信じ、励まして行こうと思います。
| きっちゃん | 2009/09/25 2:38 PM |
★きっちゃんさんへ
コメント残していただきありがとうございます。
コメントを拝見しながら、4年前のうちの主人の気持ちを想像していました。

うちの主人は羊水過少で緊急入院した私に
「羊水過少は、いいこと書いてないからネットでは調べないこと。
俺が調べて、必要なことは伝えるから。」
と入院した私に最初に言いました。

調べ知識が入り、私には希望をもたせたいと支えてくれた主人のほうが、
きっと不安が大きかっただろうと今は想像します。

きっちゃんさんはきっとそんな状況ですよね・・・。
でも、誰よりも奥様の今のお腹のお子さんの
パパになってらっしゃるんだろうなと思います。

お母さんの喜びはしっかり赤ちゃんに伝わると思います。
お母さんの体を通して赤ちゃんにも血が通ってますものね。
私も一緒にたくさん「楽しい・幸せ」という経験を体感してほしいと願っています。

ポッター症候群にも種類や経過がいろいろあり、
危惧されていた心配をのりこえ
長期御存命のお子さんもいらっしゃいます。

希望は捨てずに。わが子を信じて。

きっちゃんさんご一家が、よき親子の時間を過ごせることを、私も祈っております。
| なちゅら→きっちゃんさん | 2009/09/20 9:17 PM |
初めまして、きっちゃんと名乗らせてもらいます。
 妻が、妊娠中期で羊水過少(ほぼない状況)とかかりつけのクリニックで診断され、急きょ専門の病院に入院。楽観的な考えは入院当日に打ち消されて、先週、ポッター症候群の可能性を示唆されました。
 今は24時間点滴の上、人口羊水も三日前に注入。その経過を見ております。本日少し明るい発見があったようで、仕事が終わり次第詳しく聞きに行くつもりです。
 病名を検索したところ、あなたのブログに出会いました。頭でっかちになるつもりはありませんが、いろいろと参考になりとてもありがたいです。
 今の正直な心境は、楽観的な現状が見えない中で、いかに彼女と子供を支えることに集中しています。
「(点滴の後)落ちた体重が増えたよ」
「(人口羊水注入後)子供が良く動くよ」
 彼女のうれしそうな言葉に、一緒に喜びながらも、病状のことを考えると、正直心が痛くなることもあります。
 これから、子供がどのような変化を見せてくれるのか、それに対して私たちはどのようにすべきかを、じっくりと考えながら、今は、子供の生命力を信じていこうと思います。
 

 
 
| きっちゃん | 2009/09/20 3:43 PM |
Naturaさん。
やさしいお返事ありがとうございました。
もう少しちゃんと温めてゆっくり休んでみます。準備することが多いので結構忙しく動きがちですが、気をつけてみます。
きづくといまだに仰向けで寝ちゃったりすることがあるんですよね。これもあんまりよくないんですよね、気をつけます。
血圧も低血圧なので、気をつけてはいるんですが、まずは第一に赤ちゃんを考えてこれからの4週間乗り切ってみます!
ありがとうございました!
| なな | 2009/08/12 6:20 PM |
★ななさん
はじめまして。コメントを残していただきありがとうございます。

私も働く妊婦だったのでお気持ちがよくわかります^^;
そして、デンマークにお住まいですか!
日本でよく知っている人々に囲まれても不安でしたので、
いろいろとご心配も多いかと思います。

現在、妊婦さんを中心に今も仕事をしていますが、
妊婦さんの養生は「ゆったり・のんびり・ぬくぬくと」が原則。
衣食住で保温を心がけて、動かずともお母さんの血流量をあげてくださいね。

エコーでの推定体重は実際より±2割だと言われているので、
よき方向で考えたら2500gに入っている可能性がありますよ。

中期から小さめとのことでしたが、
お母さんの体を休めて保温するだけで
臍帯・胎盤に物理的要因がなければ、
赤ちゃんと子宮への血流量が増して、
急に赤ちゃんが大きくなることも多々あります。

ですので、生まれる前の赤ちゃんからのご褒美だと思って
ゆっくり体休めてくださいね〜^^
| なちゅら→ななさん | 2009/08/12 6:07 PM |
こんにちは。羊水が少ないと昨日診断されたため、不安になり調べてるところこちらにたどり着きました。
私は現在36週です。デンマークに在住です。
仕事は新米看護師としてつい1週間前まで仕事は続けてました。(私の希望にて)なので、体には結構負担がかかってたと思うんですよね。仕事もなんだかんだと結構ハードでしたし、フィットネスにも通ってます。妊娠中期ごろから赤ちゃんが小さ目ということで定期的な検査はしてたんですが、現在36週になり今度は用水が少ないという診断結果に。赤ちゃんは現在2200gほどで、胎動も毎日元気に感じてます。
初めての出産なので、不安になってます。
2週間後にもう一度検査をするということで、予約してきましたが、大丈夫かな?とちょっと不安です。
医者のほうはもし、胎動が弱くなったり感じなくなったらすぐに病院に連絡してください、といってたんですが・・・
でも、こちらのブログにたどり着いてよかったです。もう一度しっかり読んでみます!
詳しく親切にかかれてて、分かりやすいです!あんまり不安に感じずに医者の指示を仰ぎたいと思ってます。
| なな | 2009/08/11 9:31 PM |
★まつさん
コメントを残していただきありがとうございます。
まつさんの担当の先生は、大変熱心な先生なのだなと思いつつコメントを拝見しました。
妊娠中期に人工羊水を足すのが珍しいかどうかは、私では分かりかねる部分があります。
ただドクターは随分早い週数でみつけてくれたなと感心しています。
人工羊水補充の理由は、まつさんがご記入の通り、まずはエコーの画像をはっきりさせることが目的かなと推察します。
今後はっきりしてくるかと思いますが、
羊水を足すことが重要なのではなく、
まずは赤ちゃんの臓器の有無かもしれません。
よき方向性がみえてくることをお祈りしております。
| なちゅら→まつさん | 2009/04/16 2:42 PM |
はじめまして。
私は妊娠16週の時に羊水が少ないといわれました。
胎児の大きさも小さく(13週くらいの大きさ)、
17週に羊水注入をしました。
これは羊水が無さ過ぎるため超音波で胎児の様子がみえずらいこと、
羊水が増えることにより胎児が動けるスペースを作ってあげるため
と医師が言っていました。
これでもまた羊水が空っぽになってしまったら赤ちゃんが羊水を作る機能が無い為妊娠継続は難しいといっていました。

部分麻酔での羊水注入中術は、モニタを見ながら羊水の量を増やしていました。
羊水注入後(2時間後)に超音波で胎児の様子を見たのですが
膀胱と腎臓が見えないと言われました。
この時点では胎児が小さすぎる為みえないのか、胎児に腎臓・膀胱が無形成なのか判断できないとのことで1週間様子を見ることになりました。

そうして1週間後、胎児は17週ほどの大きさに成長していました(18週時点)。
膀胱らしいものは見えたが腎臓がまだ見えないといわれ、
近日、内臓の有無などもう少し詳しく調べられる機械を使って調べることになりました。

どうにか元気に産んであげたいのですが、
妊娠中期に【羊水注入】は稀なのでしょうか?
インターネットで調べても出てこなくて・・・。
| まつ | 2009/04/14 6:31 PM |
★たらこさん
はじめまして。30週であれば、胎児因子がなければ
子宮・胎盤・臍帯の血流量の問題かなと思います。
早急な問題があるならば、今はすでに入院されているかと思います。
まずはお母さんのからだを休めることが先決。ゆったり過ごされて下さいね。
| なちゅら(お返事) | 2009/03/21 11:11 AM |
はじめまして。
羊水少ない でこちらにたどりつきました。現在30週で昨日の検診で羊水が少ないと言われました、次回の検診まで様子を
見ましょうということでしたが初めてのことで動揺してしまいました。
私は5歳の娘がいるのですがその後20週で息子を死産しています、原因不明ですが
母体に原因があったということは言われたので今度こそ守ってあげたいと思っています。赤ちゃんは1600グラムなので今のところ問題がないようですが。。。
水分を取ってなるべく安静にしようと思います。
| たらこ | 2009/03/18 10:14 AM |
★マロさん
はじめまして^-^もうすぐお子さんが1歳なのですね〜。
ご出産後も思い出して下さり、わざわざコメントを残しに
来ていただきありがとうございます〜!すごく嬉しいです。
そうですよね〜。妊娠中期からの羊水過少って、
すっごく不安だったと思います。
この分野については、今でも、
リアルワールドでも身の回りの妊婦さん方にも
良く相談を受けています^^;
羊水については、胎児要因・胎盤要因・母体要因と
種々にわたるので、原因がよくわからない場合は
とにかくお腹を張らさないように、
母体血流をあげるように安静しかないようですね〜。
マロさんのお子さんがお元気でよかった^-^
それが何よりです^^
きっとマロさんのコメントも、
羊水過少検索でたどりつき、元気のなかったお母さんに
勇気・応援の言葉となると思います。
ありがとうございました。
| なちゅら(お返事) | 2008/12/06 10:23 PM |
なちゅらさんへ

はじめまして!今11ヶ月の女の子を持つママです☆
妊娠6ヶ月で「羊水過少症」と診断されました。「羊水がほとんどない、赤ちゃんがお腹で苦しがっている、無事に生まれるかわかならい」と言われ、ショックで泣き続けました。原因はわからず、いろいろ調べましたが、なかなか詳しくわかりませんでした。
薬づけと絶対安静の毎日で不安でたまらなかった。
そんな中、なちゅらさんのページを見つけてどれだけ励まされたことでしょうか。何度も繰り返し読みました。
最後まで羊水過少の切迫早産でしたが、ほぼ半年絶対安静のまま30時間の難産・促進剤に吸引分娩で産まれてくれました。


私のように中期に診断された方に、少しでも元気になってほしくて。不安になっていると赤ちゃんまでよけいにしんどくなっちゃうので、まずは気持ちを前向きにしてほしいです!希望を持って赤ちゃんを信じてください!と伝えたいです。

なちゅらさん、お礼が遅くなりましたが本当にありがとうございます。
| マロ | 2008/12/05 11:46 AM |
★ゆきさんへ
はじめまして。
コメントを残していただきありがとうございます。
1997年。11年前なのですね〜。
私が長男をお産したのは、2005年ですが、
その当時でもネット検索しても情報量が少なく、
まだまだ資料が少なく、
どう判断していいかわらなかった状態でしたので、
きっとゆきさんは私以上に様々な不安を
お持ちだったろうなと想像しています。
今もって、少しでも、こちらの記録が
お気持ちの助けとなれたのでしたら幸いです。
最近では時々しか更新しないこのブログですが
また訪ねていただけたら幸いです^-^
| なちゅら→ゆきさん | 2008/09/04 7:27 PM |
なちゅらさん、こんばんは。
私も、1997年に、ポッター症候群の長女を出産しました。
当時は、資料も少なく、先生も初めての症例ということで、
いったいどんな病気だったのか、疑問ばかりの10年でした。
このブログにたどり着いて、ほんの少し、娘のことを理解できたように思います。
私も羊水がほとんどなく、妊娠30週で陣発、その後4週間入院して出産しました。
生まれた娘は、一瞬うめき声を上げただけで、
2時間後に亡くなりました。。
肺の低形成もあり、お腹の中でしか生きられなかったのだと、今は納得しています。
ブログを拝見して、なんだか救われた気持ちです。
ありがとうございます。。。
| ゆき | 2008/09/04 12:17 AM |
★Kei♪さん
お返事が遅くなりスミマセン。
その後いかがお過ごしでしょうか?
37週で推定2700gあれば、お腹での成長もよく
赤ちゃんも元気にお生まれになったことと想像しています。
37週であれば、正期産(いつでもお産の時期)ですので
きっと赤ちゃんは早く生まれたかったんじゃないかなと思います。
コメントを残していただきありがとうございました^-^
| なちゅら→Kei♪さん | 2008/08/26 1:21 PM |
はじめまして。
『羊水 過少』で検索してたどり着きました。
先日37週0日での健診の際に『羊水が若干少なめ』との診断を受けました。
主治医は
「赤ちゃんは推定体重も2,700グラムあるし、何より元気だから心配しないで大丈夫だよ。」
と仰っていましたが、それでも少し不安で…
けれどこちらを伺って安心しました。
もしかするとお産自体が早まる可能性もあるので、元気な赤ちゃんが生まれてくると信じています。
| Kei♪ | 2008/08/21 10:46 AM |
★みぃさんへ
コメントを残してくださりありがとうございます。
わが子のこと。ちょっとしたことでも気になりますよね。
みぃさんの赤ちゃん、推定体重も週数相当ですし、
気付けばあの時の心配はどこへやら〜で
元気に赤ちゃんと会えますよ^-^
逆子ちゃんと羊水代謝、お母さんの体を休めることで
子宮への血流量が増え、赤ちゃんへの血流量も上がり
いい影響が多々あります。きっとお腹の赤ちゃんが
「生まれた後はお母さんも大変だから
今のところ体休んでおいたら〜。」って
前祝いのご褒美かもしれません。
お大事なさってくださいね。
| なちゅら→みぃさん | 2008/07/16 10:27 PM |
はじめまして、みぃと申します。現在妊娠34wで先日の検診で「羊水が少なくなっている」と言われました。原因不明のため安静&水分をたくさんとれの指示をうけました。来週再度エコーを見て様子をみましょうと言われたところです(別の先生にも見てもらおうとの事)。幸いにもおなかの赤ちゃんの推定体重2300で胎動も心音も正常と言われました。家に帰って[羊水 減少]で検索すると不安が募ることばかりで・・・でもこちらのサイトを見て気持ちが少し落ち着きました。
今は逆子でもあり、ある程度普通分娩は厳しそうと思っていたので、無事生まれてきてくれればと思っています。
| みぃ | 2008/07/16 2:16 PM |
★sokaiさん
はじめまして[ニコ] 互いにSOMA'S MAMAですね[ハート]
30週の羊水過少。後期に入る直前の発見だったのですね。
sokaiさんのコメント、きっと他の羊水過少で検索されいらした方も
きっと心強いと思います。
コメントを残していただきありがとうございます^-^

お子さんが未熟児の体重をまぬがれたことを考えると
何らかの原因で子宮への血流低下→胎盤血流臍帯・血流が下がったことで、赤ちゃんへの代謝と羊膜代謝が下がったため
羊水が少なくなったことにつながったのかもしれませんね。
ちなみに出産状況。同じようにたくさんに囲まれて出産でした〜(苦笑)
| なちゅら→sokaiさん | 2007/10/06 11:07 PM |
長男の妊娠30週目くらいから羊水が少なくなり、
34週目の時にNFICUのある某大学病院へ紹介転院しました。
腎臓に異常がある可能性が高いと言われましたが
当時は知識も無く、病院からもあまり詳しい説明もなかったので
多少不安になったりしたものの
楽天家な私はさほど悩んだ記憶もありません。
普通に出産するつもりで臨月まで過ごし
健診の際にそのまま入院しました。
無菌室状態の大きな個室の陣痛室に付き添い人は
ICU仕様のネット帽と着衣をつけてました。
胎児の心拍数をとる機械をずっとつけたままで、
2名の看護師さんが入れ替わりで常に様子を見にきていました。
いざ出産の時は産婦人科医、助産師、小児科医、麻酔科医に看護師数名に見守られながらの出産でした(^^;)
元気な産声をあげ、低体重で生まれると言われていたのが2500gありました。

そんな長男も来年は小学生です。
産後の検査も異常なく、元気にやんちゃに育ってます。
長男の名前は颯真(SOMA)です★


| sokai | 2007/10/06 5:47 PM |
★名なしさん
コメントを残していただき大変ありがとうございます。
現在ポッター症候群のお子さんを妊娠中でいらっしゃるのですね。
きっとたくさんの不安と幸せを
複雑に感じていらっしゃることと思います。痛いほどよくわかります。。。
私と創真の記録が、少しでも
名なしさんのお力となれていたら幸いです。
たくさんの幸せを赤ちゃんと一緒に感じていただきたいです。
幸せをたくさん感じたことと、やりぬいたことが、
今後の生きる糧になるはずです。
よきお産となられますようたくさんたくさん祈っています[キラリ]
| なちゅら→名なしさん | 2007/09/07 1:28 PM |
はじめまして
妊娠29週になります
23週の検診で羊水過少と診断されその後検査の結果
ポッター症候群と判明しました。
両方の腎臓と膀胱が不形成と言うことです
はじめはとにかく毎日泣き通しでしたが 日増しに強くなる胎動
検診の度にちゃんと大きくなってくれる赤ちゃんに元気を取り戻させて
もらいました。

医師には色々聞きましたが やはり不安は一杯で・・・

でもこちらのブログに出会えた事で 勇気を頂き
何度も何度も拝見させて頂きました


| | 2007/09/07 12:48 AM |
★ティビーさん
はじめまして!コメントを残していただきありがとうございます。
他にも実践お願いしたいことがありますので、
このあとメールいたしますね。
よき妊娠期間をお過ごしくださいね[ニコ]
| なちゅら→ティビーさん | 2007/08/25 9:47 PM |
[キラリ]こんにちは![キラリ]
私は、現在8ヶ月になりますが、つい先日まで羊水過少 成長遅延(まだ900gしかありません、、、)の為3週間ほど入院していました。
.原因が分からず安静が一番と言われました。確かに、毎日忙しく働いていて体を休める時間が無かったなぁと思います[アセ]
今日、初めてこのサイトを見て用水過少について詳しく書いてあったので、気持ちが楽になりました!!ありがとうございます!!!
水分摂取量や寝方など、早速参考にさせていただきます。
せっかく私のお腹にやどった生命ですから、大切にこの安静期間を楽しみたいと思います[ハート]
| ティビー | 2007/08/24 9:48 AM |
★豆さんへ
当方ブログを訪ねていただきありがとうございます。
豆さんに確認したいこと、今のお腹の赤ちゃんのために
いますぐしていただきたいことが、たくさんあります。
プライベートな内容になりますので、ここには記せませんので
私のPROFILEのメールフォームのリンクから一度、
HNの豆さんのままで構いませんのでメールを送って下さい。
| なちゅら→豆さん | 2007/07/31 5:51 PM |
はじめまして、ブログネーム豆と申します。
今一人目の子供を妊娠しています。34週目です。
32週目くらいから、羊水が少ないと診断されるようになりました。
7ヶ月頃から、胎児発育遅延とも診断されて、ずっと不安を抱えています。赤ちゃんに何か問題があるのか?自分に問題があるのか?
でも、唯一の救いは赤ちゃんがとても元気だということです・・・。
日々力強くなっていく胎動に励まされてここまでこれました。
このまま、何事もなく出産できるといいなと思っております。
自分のブログにも記しています、もしよろしければ観に来てください。
| | 2007/07/30 11:00 PM |
★ナースママさんへ
はじめまして。コメントを残していただきありがとうございます^-^
また嬉しいコメントをありがとうございます。
こちらでの内容がどなたかの不安の解消の助けになれていたら幸いです。
水分の件、羊水過少をみつけてくれた担当産科医の先生のすすめなんですよ。
言われたときはモデルさんなみな水分摂取だと思いました(笑)
でも本当に多少増えるんですよ。お母さんの代謝側の羊水も(体験談)
| なちゅら→ナースママさん | 2007/02/22 2:23 PM |
★なぉさんへ
初めまして。コメントを残して下さりありがとうございます。
私は産婦人科医ではないので明確な
お返事はすることができません。すみません・・・。
まずは転院先にてどうして羊水過少になったのか、
それに対してお母さんがどう対処するべきなのかを
よく担当の産婦人科医に訊ねてみることが大切だと思います。
| なちゅら→なぉさん | 2006/10/20 10:10 AM |
[ドロップ]始めましてm(._.*)mペコッ
妊娠9ヶ月になるなぉです。
今日病院に行ったら羊水過少と言われ、他の病院を紹介されました。
羊水過少と診断され色々な気持ちが入り混じってます。。。。

羊水過少になると赤ちゃん自身に障害とかでるのでしょうか?教えてくださいm(._.*)mペコッ
| なぉ | 2006/10/18 7:05 PM |
コメントする