<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
記事を書かせていただきました
「つわり」について
文章を書かせていただいた
【初めてのたまごクラブ】2010年春号が
発売されました。

お近く の書店 または
ベネッセさんのサイトからネット購入できるそうです。
→ こちら





掲載いただいたのは、

P.59 「つわりをラクにするゆるポジ生活」
     ・胃のエネルギー停滞説
P.60-61
「私のつわりに効く35のレシピ」全般

です^-^ よろし ければ、ご購入ご覧くださいませー♪
続きを読む >>
| 女性疾患・不妊の鍼灸院勤務 | comments(0) | -
ツラい時こそ笑顔になってみようか
勤務先がお休みの今日、
とある母子周産期センターにやってきました。

ある妊婦さんにお会いしに。

新しい命を授かる前から
治療院に来て下さっていた方で、
いつもポジティブなお母さんです。
治療院にいらしては、
いつも私をベッドサイドで
笑わせてしまうくらい明るい方です。

そのお母さんが安定期直前に入院されたとのことで、お会いしに来ました。
…………
今日お会いして、またその方を通じて勉強させられました。

正直、簡単に安堵できる状況にはないけれど、
そのお母さんはまた笑顔で沢山お話してくれました。

「なかなか子供を授からなかった事も、今、こういう状況にあることも、
他の方には体験出来ない体験をしているから。

ある種、選ばれた人間なんだと思って、ツラい時こそ、楽しもうと思って(笑)

どうしたって痛い自己注射も、
道具を入れるピッタリの箱をみつけて、可愛くラッピングして、
今の病室にもおいてあるから、看護師さんとかに聞かれるの。

注射するのも、跡残ったりするから、
縦にきれいに並べて売ってみたり、渦巻きにしてみたり(笑)
打つ場所変えて研究するのも楽しいですよ。残り方も場所で違うしね(笑)

キレイに打った後があるから、どこで注射教わったの?
アナタも医療者?ってきかれちゃいました(笑)」

私もだいぶ色々あった妊娠出産の経験者ですが、
(彼女はその内容をよくご存知です)

「先生のツラい中でも前向きだったじゃない?(笑)」って。

いやいや、私がアナタを尊敬してますよっ。って^^

ツラさを感じても、角度変えてみてみれば、貴重な体験。

経験とし生かすか、うずもれるかは、取り方次第。
 
続きを読む >>
| 女性疾患・不妊の鍼灸院勤務 | comments(0) | -
| 1/1PAGES |