<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
安産灸ネットワーク 2014夏の治療スキルアップ講習会
過去、こちらでもお知らせし、来場していただいた方が多かったので、
こちらでもお知らせ掲載させていただきます♪

私が所属しております
女性鍼灸師が妊婦さんを専門で診る団体
《安産灸ネットワーク》
2014年夏のスキルアップ講習会を東京中野にて開催します。

▼詳細記載→安産灸ネットワークサイト内

基本、お産に立ち会いしての灸治療実習もあるので、
当会は女性鍼灸師しか所属できない団体なのですが、

過去、当会の講習会に参加したことのある男性鍼灸師も
今回は再度、スキルアップ講座として参加することができます。

鍼灸師だけでなく、助産師さんも多く参加されていますよ!

今年は、私も息子が1歳半をすぎましたので家族に預け
講師として参加させていただく予定になっています♪

7月27日(日)
『安産灸ネットワーク 夏の講習会「治療のスキルアップ」』
を開催いたします。

【日時】
2014年7月27日(日) 午前10時〜16時
【会場】
中野サンプラザ
(JR中央・総武線「中野駅」北口出てすぐ→アクセスリンク

【テーマ】
治療のスキルアップ

【内容】
1)つわり(ドーゼと注意点)
2)安産灸(いいお産に向かって)
3)逆子
4)予定日超過
5)実技(つわり、安産灸、逆子、予定日超過)
  希望実技によりグループ分けを行い、質疑応答を交えての実技演習
6)質疑・応答(約1時間)

【講師】
安産灸ネットワーク代表 戸部久子
および、安産灸ネットワーク会員

【参加資格】
過去に行われた安産灸ネットワークの講習会・勉強会に参加した鍼灸師
★研修の卒業生、聴講生も含む
★学生不可

【定員】
40名(先着順・キャンセル待ちあり)
【申込み締切】
受付締切:定員に達した日。
【受講料】
8,000円(事前申込、事前入金制)
【お申し込み方法】
メール(info@anzankyu.com)
に下記を記載の上、お早めにお申し込み下さい。

件名
『安産灸ネットワーク 夏の講習会』参加希望
本文
★氏名(フリガナ)
★住所
★電話番号
★メールアドレス(PC、携帯、スマートフォンを明記)
★過去に参加した講習会・勉強会の参加回数およびその時期
※申込受付後、受講料の振込先、講習会の詳細をお知らせいたします。
※上記メールアドレスで受信制限を設定されている場合は、info@anzankyu.comから
のメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。

参加要件に該当の方♪
当日会場にてお会いできますこと、楽しみにお待ちしております♪
| 産科の鍼灸師への道 | comments(2) | -
お知らせ 『第2回安産灸講演会』開催
091123安産灸講演会チラシ
 印刷用PDFファイルにリンクしています


私も所属しております、安産灸ネットワークの講演会が開催されます。

第一回の講演会は、2007.9月。
内容は「逆子の鍼灸治療の実際」
筑波技術大学教授の形井先生に午前中はご講演いただき、
逆子治療についての歴史を学びました。
第1回は、逆子治療についてしぼっての講演会でした。
(第1回の詳細→こちら)

今回 第2回は、
「安産灸と逆子治療の実際」についてネットワーク独自での開催です。
妊婦治療を多く手がける安産灸ネットワークの
妊婦の灸治療の安産灸・逆子治療の実際をみてみませんか?

産科学の知識がないまま、妊婦の実際をとらえきれずに
妊婦治療に対面なされている鍼灸師さんも実際実は多いのでは?と思います。
そんな鍼灸師さん、

また、「逆子や安産にお灸っていいって聞くけど実際どんな灸するの?」
と疑問に思われていた助産師さん、産科医のドクターにも
ご参加いただけましたら幸いかと思います。

鍼灸師・助産師・医師向け
『第2回安産灸講演会』を開催します!(11/23(祝)10時〜15時


・・・・・ 第2回安産灸講演会開催のご案内 ・・・・・

妊婦さんがいいお産を迎えるための「安産灸」「逆子の灸」
をはじめ妊娠中の灸治療のポイントを紹介し、
皆さんの臨床に役立てて頂ければと思い、開催するものです。
ふるって受講されることを願っております。


::受講資格
◆鍼灸師・助産師及び医療資格を有する者
◆鍼灸学校学生

::受講費 8,000円(学生は7,000円)
::定員 50名(先着順となります)
::日時 平成21年11月23日(月・祝日)
        午前10時〜午後3時
::会場 東京都助産師会館講堂
        東京都文京区音羽1−19−18
        →地図

[交通案内]
・東京メトロ有楽町線「護国寺」駅6番出口(エレベーター)より徒歩4分
・都営バス(上58) 上野松坂屋←→早稲田 音羽2丁目バス停より徒歩3分

::プログラム
[午前]
10:00〜11:00
講演:「安産灸の経絡的考察」 講師:戸部明男
11:00〜12:00
講演:「逆子治療」 講師:安産灸ネットワーク会員
[午後]
13:00〜14:00
講演:妊婦治療の注意点 講師:戸部久子
14:00〜15:00
実技:「三陰交と至陰の取穴(しゅけつ)」「お灸の補瀉(ほしゃ)」
指導:安産灸ネットワーク会員


::お申込方法
ー講希望の方は、
・お名前
・ご住所
・年齢
・性別
・職業(学生は、学校名と学年)
・連絡先電話番号及びFAX、またはメールアドレスを記載した物

を、下記へFAXまたはメールして下さい。
※口答や電話でのお申し込みは、受け付けません。

お申込先:安産灸ネットワーク事務局(西新井治療センター内)
FAX:03(3859)2346
アドレス:info@anzankyu.com

⊆講申し込みを頂いた方には、安産灸ネットワーク事務局より、
受講費納入通知をFAX、またはメールでお送りします。
指定した郵便振替口座へ、受講費8,000円(学生は7,000円)を
送金して下さい。
11月10日までに入金確認の取れた方を、受講手続き完了とします。

8修会当日は会場受付で、郵便振替受領書を受付に提示して下さい。
その際領収書の必要な方は、お申し出を頂ければ、
受領書と引き替えに発行します。

当日、受付は9:30より。9:50分までに会場にお入り下さい。
昼食は、各自ご用意下さい。
 ※近隣に食事ができるところはあります。会場内、飲食可です。
 ※ごみは各自でお持ち帰り下さい。

◆持ち物
[全員]
 タオル又は、手ぬぐい
[お灸セットをお持ちの方]
 ご持参下さい。
 ※無い方はこちらで用意致します。
 ※参加者がお互いに施灸実技を体験します。

◆服装
 三陰交の施灸ができるような服装で

詳細はこちらのページをご覧ください。
| 産科の鍼灸師への道 | - | -
北海道親子スキンタッチ指導者講習会のお知らせ
北海道鍼灸専門学校の学生さんが企画運営され
道内初で 鍼灸師・鍼灸学生対象
「スキンタッチ法」の指導者講習会が札幌で開かれます。

★以下、北海道スキンタッチブログより(→こちら)

★スキンタッチ法については→こちら

★もっと知りたい!という方には↓
All abuot 夜泣きや疳の虫に効果!
鍼灸からうまれた「親子スキンタッチ教室」って?


■関連書籍
毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法
毎日5分!親子スキンタッチ健康法―赤ちゃんから10歳までの対処法
大上 勝行

このたび、北海道鍼灸専門学校研究部では、
講師として徳島より篠原新作先生をお招きし、
北海道では初となる親子スキンタッチ健康法の【指導者講習会】
を開催します。
また指導者講習を行なった翌日には、
実際に【親子スキンタッチ教室】を開催します。
こちらもあわせてご参加下さい!!

■日時
7月5日(土):指導者講習会
7月6日(日):親子スキンタッチ教室

■場所:北海道鍼灸専門学校
〒063-0002 北海道札幌市西区山の手2条6丁目

■参加費:無料

■参加資格:鍼灸師、鍼灸学校生

■タイムスケジュール
【7月5日(土)】
 9:30〜 受付開始
10:00〜 指導者講習(午前の部:座学)
        ・ スキンタッチって何?
        ・ 東洋医学から診た子供の身体
        ・ 小児はり
12:00〜 昼休み
13:00〜 指導者講習(午後の部:実技指導)
        ・ スキンタッチ成功の秘訣
        ・ スキンタッチ実技指導(
          スプーン、ハブラシ・ドライヤー)
        ・ 親子教室シュミレーション
〜16:00 指導者講習会終了予定

★講習終了後、篠原先生を囲んでの懇親会を予定しています。
 こちらもどうぞふるってご参加下さい!
(懇親会参加費:3500円)

【7月6日(日)】
 9:30〜 受付開始(指導者講習受講者)
10:00〜 リハーサル
12:00〜 昼休み 
13:00〜 親子スキンタッチ教室
〜14:00 親子スキンタッチ教室終了予定

■持ち物:上靴(スリッパなどでもかまいません)
     金属の(ステンレスなど)ティースプーン、
     歯ブラシ(大人用のものでかまいません)

■講師:篠原新作 氏 略歴

昭和62年 明治鍼灸短期大学 卒業
現在、徳島にて「しのはら鍼灸院」を開業

(社)徳島県鍼灸師理事・青年部長
徳島県保険鍼灸マッサージ師会副会長
徳島新聞社カルチャー教室講師
経絡治療学会徳島部会事務局長
経絡治療学会夏期大学教室助手

■参加申込み&お問い合わせ
参加をご希望の方は、氏名、所属、参加希望日(5日のみか両日参加か)を北海道スキンタッチのブログのメールフォームにてお知らせ下さい。
もしくは下記のメールアドレスまでご連絡下さい。追って返信いたします。

s-touch_hokkaido@yahoogroups.jp

※現在、ありがたいことに順調にお申込みをいただいております。
できるだけたくさんの皆さんに参加していただきたいと考えていますが、
募集を打ち切る場合がございます。ご了承ください。

また、お問い合わせも同じくメールフォームか、
上記アドレスにてご連絡ください。
(北海道鍼灸専門学校への直接のお問い合わせはご遠慮願います。)
みなさまのご参加を、心よりお待ちしております!
| 産科の鍼灸師への道 | comments(0) | -
草履の仲

お揃いの草履を同じ時に師匠からいただき
同じお守りを授かり親しい鍼灸師である友人に
昨日赤ちゃんが生まれた。

実は今月に入って私もソワソワ・・・。
昨日無事に生まれたと聞き、涙が出るほど嬉しかった。

彼女のお産、ホント書籍化できそうなくらい。
それくらい色々あった様子。
師匠が遠くまで飛んで彼女を見守った。
師匠からの私への電話連絡に、時同じくしてドキドキしました。
・・・深夜・早朝をはさみ、眠れず過ごしました^^;

おめでとう×おめでとう〜☆
本当におめでとう。新しい命の誕生に乾杯!

赤ちゃんもママになったあなたも、
パパになったご主人も本当によく頑張られました。

会いにゆくからね。
それまではどうぞゆっくり出来るだけ体を休ませてくださいね。


そんな思いを胸に、
今日もおそろいのこの草履を履いてお仕事に励みます。
| 産科の鍼灸師への道 | comments(2) | -
逆子と鍼灸治療の講演会の後日談
・・・随分と日が過ぎてしまいましたが汗

9月2日東京で開催されました
「逆子と鍼灸治療の講演会(以前の告知記事はnextこちら) 」に
ご参加下さった鍼灸師・鍼灸学生・助産師の皆様。


ご参加、大変ありがとうございました!

ご参加くださった皆様の臨床にお役立ていただき
悩みある妊婦さんの少しでも多くの助けとしていただけたら
私としても大変嬉しく思います。

お仕事の都合をつけて、遠方からお時間をかけて
ご参加をして下さった方もおり、皆様には感謝のかぎりです。

こちらのブログを通じてお問い合わせを下さり、
ご参加して下さった方々も多くいらっしゃり、実際に会場でお会いでき、
お声をかけて下さった方々もおられ大変嬉しかったですポッ

私としましては、大勢の前での司会デビュー、大変緊張いたしました汗
(午後は実技講師がありましたので随分気分がほぐれましたがラッキー)

いただいたアンケートも、本当によき言葉を返していただき
「成功」であったと言っても過言ではございません。
みなさま本当にありがとうございます!

今後もたくさんの反省点を活かし、
第2回の講演会を地方を変えて開催出来たらいいね!
・・・と反省会でも言葉があがりました。

以上、感謝と成功のご報告まで拍手
| 産科の鍼灸師への道 | comments(0) | -
初心に戻る
今日の午前中は、院内で開いている
妊婦さん向けの安産のお灸教室でした。

ふとある妊婦さんに「先生はつわりとかありました〜?」とか
他の妊婦さんに「お産もきっと軽かったんですよね。」

・・・なんて言われました(汗)

『私ですか?いやいや。
 それはそれは、つわりは重くて 患者さんとの合間にバケツ必須。

 水分もまともにとれなくて、体重は急激に減少して
 5ヶ月半ばに入るまで、毎日点滴に行ってましたよ(笑)

 お産の時は、前日の検診では
 「まだお産ははじまらないよ」と言われるほどに
 赤ちゃんの頭が高い位置で
 陣痛がはじまっちゃったもんだから、
 まる2日以上の微弱陣痛も体験しましたし、
 子宮口は開かなくて、なかなか赤ちゃんは出てこれずに
 息子は「産瘤」というコブまで作って出てきました。

 最後の最後に促進剤も使いましたしね。

 私が「妊婦さんの鍼灸治療に躍起になる理由。
 それは、自分が妊娠・出産に辛い思いもたくさんしたからですよ(笑)

 だから産後1年で、頼み込んでお産の現場の鍼灸の研修に
 半年ばかり夫からはなれ行かせてもらったんです。』

・・・って言ったら、意外だったらしい^-^

人間味あっていいかな。そんな感じも。

ともかく後の妊婦さんたちには、
お母さんも赤ちゃんにとっても負担の少ないお産や妊婦生活に
結びつけていただいているので、こればかりは「嬉しいかぎり」
| 産科の鍼灸師への道 | comments(0) | -
逆子と鍼灸治療の講演会開催
(※2007年5月31日 追記)

『第一回 安産灸ネットワーク 逆子と鍼灸治療の講演会』
のチラシが出来ました。

(※2007年7月9日追記)
満席、キャンセル待ち枠一杯となったため
チラシへのリンクをはずさせていただきます。

講演会の詳細チラシは→こちらです(pdfファイル)

★,。・:*:・゜☆゜・:・゜★,。・:*:・゜☆゜・:・゜★

(※2007年5月10日 掲載)

こちらのブログを通じて、妊婦さんのための安産灸・逆子治療について
鍼灸師さん、助産師さんから多く問い合わせをいただいています。

まだ申し込み受付などはしておりませんが、
先の行事ですが有意義なお知らせですので、
告知だけ掲載させていただきます。
参加ご希望の方が先の予定を合わせていただくためにご参考まで。

+++++++++++++++

日時:2007年9月2日(日) 10:00〜15:00
場所:ホテルパインヒル西新井(→アクセス地図)
 (東京都足立区 日比谷線・半蔵門線直通 東武伊勢崎線 西新井駅下車)

内容:・筑波技術短期大学 教授 形井 秀一氏(→紹介ページ)
    講演「逆子と鍼灸治療について」
   ・安産灸ネットワーク(→詳細こちら)による安産灸の講演と実技

受講日:7000円

参加資格:安産灸に関心のある鍼灸師
     安産灸に関心のある助産師および医療関係者
     鍼灸学校学生

+++++++++++++++++++++

あの鍼灸業界重鎮 形井先生の鍼灸と逆子に関する講演を
直接聞ける恵まれた機会と
安産灸ネットワークによる安産灸についての講演・実技となりますので
またとない機会です。

++++++++++
※7月2日追記
7月1日の申し込み開始当日時点で、
30名ほどすでに申し込みがあったそうです。
参加ご希望の方へ。残り席数わずかです。
++++++++++

++++++++++
※7月3日追記
募集人数 満席となりました。
++++++++++

| 産科の鍼灸師への道 | - | -
ご縁またまたつながる
以前、このブログにも記事を書かせていただいた
フィリピンで活躍される助産師さんがいらっしゃる。

その様子は、TV番組『情熱大陸』でも放送された。

※バーナーは公式HPより転載させていただきました。

その富田江里子さんが一時帰国をされ
講演会をされること偶然知った。

折りしも、先日の産科鍼灸の師匠の下をたずねていたとき
富田さんがフィリピンの妊婦さんにお灸されている話になり
(師匠はしっかり放映を見ていたそう。) 師匠は
「いつか彼女のいるフィリピンに行って直接会ってみたい」と話していた。

そんな話をしたばかりで、
私が地元へ戻ってから偶然富田さんの帰国と講演会開催を知った。



すぐに師匠にお知らせの電話とファックス。

私は急な話&遠方のため、その講演会には参加できなかったが
師匠は富田さんに会いに行って下さった。

++++++++++

その講演会が昨日。

師匠から夜、私に電話があって。

 『会って来たよ〜♪彼女に。
  講演会が終わってからお産のお灸の話もしたよ。
  彼女、兵庫出身なのね。
  同じ関西出身やから話に華がさいた(笑)

  向こうでは、なかなか薬の調達も出来ないし、
  やっぱりお灸とか、できることはしていこうって
  取り組んでいるんだって。

  「お産の現場で鍼灸師やってます。」って言ったら、
  彼女「え!ほんと!止血のツボってどこどこどこ??
  本でいっくら探してもわからないのよ。どうやんの?」と聞かれた(笑)

  この場でいきなり助産師さんにツボやお灸の仕方のお話は
  難しいですねぇとお話して、時間のあるときにどうぞ
  またゆっくりお話させてください。って話してきたよ。』

・・・と話してくれた。

富田さんはあと3日でフィリピンへ帰国してしまうそうで
『今度日本に来たときは、ぜひそちらへ勉強に伺わせて下さい。』
と、うちの師匠に話されたそうだ。

すごい!わが師匠!!

そのあと師匠は電話で私に
『今回、あんたに連絡もらってホント彼女に会えてよかったわ。
 それに関して、あんたにもして欲しいことがあるのよ。
 あ、そのことは、またゆっくり電話するね。』
・・・と師匠は電話を切った。

・・・・なんだろ。なんだろ。私にして欲しい関連ごと?
フィリピンに行ってこい!とか?うーん。それは困る(笑)
| 産科の鍼灸師への道 | comments(2) | -
嬉しい&確認
先日の6月22日〜25日まで、
昨年の7月から半年間つきっきりで研修につかせていただいていた
師匠の下へ技術の確認と新しい変法の確認へ研修に行ってきました。

にしても。
やはり首都圏の湿気は北海道に比べて尋常ではない湿度です^^;

暑さより「おいら空気。まとわりつくぞー。」的な
湿気に負けそうな空気感でした(笑)

+++++++++

今日早朝に師匠から電話が鳴り出てみると師匠(鍼灸師)。

『昨日あんたが陣痛付けした妊婦さん、さっき赤ちゃん無事生まれたよ。
あまりに早くて私がお産には間に合わなかったほど早かった(笑)
出血も3時間値入れても150(cc)だね。あんたもよーやったわ。大安産』

この妊婦さん(産婦さん)は私が昨日
帰路に着く直前に施術をさせていただいた方。

とっても嬉しい報告でした^-^

また、金曜日に往診で治療させていただいた
第2子妊娠32週で逆子さんの妊婦さんも
週明けの月曜の健診で治っていたと連絡をいただきました^-^

++++++++

実はこれだけの効果が出たのも師匠のフォローが
あってのことだと実感しています。

自身だけでもこれだけの自信もって
お仕事できたらいいのですけど。

++++++++

今回、今年度の研修生(6名だそうです)にも初めてお会いしました。

師匠、しばらく研修生はとらないと昨年は仰っていたものの
後世にこの知識と技術と研究の成果を残すためには
同じように治療でき知識のある人材をなるべく
多く残すことと心に決めたそうです。

半年ぶりに研修会に顔を出したら
(他、それより前の研修生だった人たちも参加しているので)
あまりに大人数になっていたのでビックリ!

大阪からアクティブバースの講師もされるような
有名な助産師さんも研修生として顔をだされていて、
お会いしてそれもまたびっくり!

「○○さん(私)。あんたもうここは卒業してんのやから
ここでの三陰交のとり方、教えてあげてや。
あとここのでの補のお灸もやって教えてあげてな。」と師匠。

私の内心。ドビックリですよ(汗)

約2ヶ月後の9月には上記事の講演会・講習会があるので
そこでやらねばならぬので、
ビックリしている場合じゃないんですけど・・・。

+++++++++

にしても。

私は随分と恵まれた環境を持たせていただき
短期間みっちり研修させていただいたのだと感謝×感謝。

夫にも師匠ご夫婦にも、まわりの先輩にも
同期のみなさんにも感謝せねばなりません。

今、研修しているみなさんは、
研修している人数が増えたので
師匠の往診やお産につけるかどうかが、それはもう大変。

私は、半年間。朝から晩まで、お産待ちや陣痛づけで
師匠のお宅へ何晩もお泊りして、
ずっとつかせていただきましたから。

++++++++++

逆子治療も胎盤との関係もはっきりもう一度再確認し、
逆子が治ったあとのことも。冷えをとる別方法も。
助産師さんには赤ちゃんが逆子が治ってから
再度もどらない位置に入っているか
どうかの確認法も教えていただきました。

他にも多く再確認と新しい内容を学び。

明日からの臨床に。そして、未来の自分に。

また活かしてゆきたいと思います。
| 産科の鍼灸師への道 | comments(2) | -
吉村先生に治療を施させていただく
昨年参加させていただいた吉村正先生の講演会。
その時の記事→こちら

++++++++

この講演会参加がきっかけで
道南でお産の会の主催されている方と知り合い、
吉村先生が北海道の別の場所の講演会へ出掛けるとともに
再び道南へ立ち寄ってくださる旨をお聞きし、お誘いをうけ
吉村先生を囲む会に出席させていただきました。

そこにいらっしゃったのは、
その主催の方を通じての輪となった
このあたりのお産に関する方々の面々。

小さなお子さんを抱いたお母様もいらっしゃればそのご主人、
助産院を開く助産師の先生方、
まだ道南にはまだ一軒しかない病院でアクティブバースで
お産をとりあげられている助産師の先生。

今回またそこで
新しい有意義な出会いも持たせていただきました。

++++++++++↓つづく。
続きを読む >>
| 産科の鍼灸師への道 | comments(2) | -
| 1/6PAGES | >>