<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
体の応援 2
体の応援の続きです。
続きを読む >>
| こうのとりがよろこぶ体創り | - | -
体の応援 1
体の応援て言っても、実際できることって何?
ここからは具体的なことを記載していこうと思います。
続きを読む >>
| こうのとりがよろこぶ体創り | - | -
体創りからの報告&鍼灸をうけてみたい方へ
体創りに取り組み、
喜ばしい報告を下さった内容をいくつか紹介しておきます。
続きを読む >>
| こうのとりがよろこぶ体創り | - | -
最高の名医
現代医学がすべてでもなく、東洋医学がすべてでもない。
あなたの体こそ<最高の名医>なのだ。
続きを読む >>
| こうのとりがよろこぶ体創り | - | -
東洋医学の考え
東洋医学にはとても特徴的な考え方があります。
続きを読む >>
| こうのとりがよろこぶ体創り | comments(8) | -
鍼灸有効性
東洋医学には先人たちが作り上げた
妊娠・お産・子育てにおいての素晴しい知恵があります。
その中には不妊という状況を改善する知恵もあります。

日本国内、海外においてもその鍼灸の有効性を報告する多くの研究がされ、
数多くの事例によってその効果の有効性が報告されています。

WHOも不妊治療においてはり灸治療は有効な治療法と認めています。
続きを読む >>
| こうのとりがよろこぶ体創り | comments(7) | -
なぜ書こうと思ったのか。
これから女性、特に赤ちゃんを待ち望む方々に、
少しでもお役に立てるようなことを書いていこうと思います。
それは、私が鍼灸師・セラピストして培ってきたことから学んだ知恵の数々です。

私は昨年の6月まで女性専門のはり灸とアロマテラピーの治療院を
開業していました。
その専門ゆえに婦人科にお悩みの方々の来院も多く、
それを越えた心のお悩みに寄り添うことが多い治療院でした。

治療院は私の妊娠・出産を理由に閉院させていただき、
今も様々なプライベートな理由があり再開する予定がたちません。

息子は生まれたけれど天に旅立ち、手元にいない寂しさ。
それを体験したがゆえに、
今もお子さんを望む方々の気持ちを手にとるように感じています。

治療院を再開できないジレンマと息子の弟妹を望む気持ち。
その中で私にできること。

それは、今まで蓄積した知恵をネットを通じて遠い方々にも
みなさまにもおわけすることかなと今は思っています。
| こうのとりがよろこぶ体創り | comments(8) | -
たまごの応援

next大きく画像を見たい方はこちらをクリック
続きを読む >>
| こうのとりがよろこぶ体創り | comments(9) | -
鍼灸師の月経観察
”月経の時のおりた血色はどんな色ですか?塊はありますか?”
・・・治療院で問診の際、訊ねた内容です。

私が開業していた鍼灸とアロマの癒しと治療の融合治療院は、
女性専門で行っていたので、婦人科系に悩む方の来院も多かったです。

その中できいた問診。

意外と月経血の観察なんてしないもんで
”わかりません。普通かどうかも、他の人と比べたことないし”という答えもありました。

月経の状態を問診し、どの辺りが影響をうけているのかが推測でき、
治療に使うツボの選択も変わってきます。とても重要な問診内容です。

--------
正常な月経ってどんななのか。
周期:25〜35日(平均:28日)
期間:5〜7日間
色:暗赤色
塊:無 or 細かく少量
痛み:無し or 軽
(軽めの腰のだるさ、腹部のはり、情緒の変化は生理的なことですが、
著しい場合は体調を整える必要があります。)
・・・というような感じです。
--------
※※以下参考にしてください。※※

<月経痛と月経血の状態について>

【実証】(不通則痛:気血が通じなければすなわち痛む)
◆寒凝血オ(かんぎょうけつお)
冷え性:月経前、月経中に下腹部が冷えて圧迫感がある。
*血は暗黒色。塊が混じる。血量は少ない。
◆気滞血オ(きたいけつお)
月経1週間前から乳房が張って痛み、怒りっぽくなる。下腹部が張って痛む。
*血は暗黒色で少ない
◆湿熱鬱阻(しつねつうつそ)
月経前、月経中に足の付け根(鼠径部)に熱感をともなう痛みがある
*血は暗赤色。粘り気があり、血の塊が混じる。おりものが黄色くにおう

【虚証】(体質虚弱。不栄則痛:栄養が足りないため痛む)
◆気血両虚(きけつりょうきょ)
月経中に下腹部がしくしく痛み、押さえると痛みが緩和する。
顔の血色がよくない。息切れしやすく、汗かき。舌の表面が白い
*血は淡い紅色
◆腎虚(じんきょ)
初潮の頃から痛みがある。
月経中は、足や腰がだるかったり、もしくは鈍い痛みがある。
*血は水っぽく少ない
---
冷え・湿気・暑さ・ストレス・ダイエット・生活の不摂生などいろいろと原因がありますが、
その結果【オ血(おけつ:血の滞り)】を引き起こします。

-------------
Q:生理痛ってみんなあるんでしょ?

A:・・・答えはいいえ。
痛みがあるというのは「異常が生じている」という体内からの発信です。
『月経困難症』という病名もあるほどです。痛みが激しい場合、
子宮内膜症、子宮筋腫、子宮後屈などの可能性も隠れています。
東洋医学では”オ血(おけつ)”という血流の滞りがあるとみます。
安易に鎮痛剤を飲むのではなく、ちょっと自分の体調に注意してみましょう。
他に、肩こり・頭痛・冷え性・月経血の塊などもありませんか?
-------------
Q:生理前ってみんなイライラするでしょ?

A:・・・答えはいいえ。
多少の気分の乱れは正常範囲ですが、
自分でコントロールできないほど激しくイライラしたり、逆に落ち込んだり、
便秘・胸の張りを感じる場合は要チェックです。
『月経前緊張症(PMS)』とも言います。ホルモンバランスのくずれが原因といいます。
東洋医学では、”肝鬱気滞(かんうつきたい)”といって、
体内の気や血の巡りが欝滞していると表現します。
他症状としては、
*ホルモンの働きから、水分の貯留によるむくみ、
皮脂腺からの分泌が活発になりニキビが出やすかったりします。
原因は:ストレス過多、感情を抑えてしまう性格、仕事が多忙、不規則な生活・食生活など。
鍼灸治療では、乱れた気の流れや寒熱のバランスを整えて正常化へ導きます。
------------
| こうのとりがよろこぶ体創り | comments(2) | -
女こそ5本足靴下!


水虫じゃありませんよ〜。(先に報告しておきます^^)

冷えのある方におすすめなお話です。
(冷えがなくても女性なら誰にもおすすめ)
5本指靴下のお話。

最近はかわいい5本足靴下も増えましたね。それだけ感心が増えたのだなと思います。
ご近所スーパーにもかわいいものがたくさん増えていました。

::::::::::
あなたは靴下を脱ぎはだしで足の指で
ぐーちょきぱー、出来ますか?
せめても、ぐーぱー(5本指が全て離れるほど)できますか?
::::::::::

サロンで足湯からあがったお客様の足を拭きながら気づいたこと。
足の指がちじこまり指と指とが離れず、足底筋(土踏まずの筋肉。足の裏のアーチのささえ)
が衰え、母指の付け根に体重の負荷がかかり外反母趾(骨格遺伝性のものもあります)や
槌指(ハンマートゥー)になっている方が多く、
『あー、足の指の蹴る力がなく、足底筋が衰えて足の裏がポンプになってないんだ』
と、思う方が多くいました。

歩き方を見ても、蹴らずに足をおくように歩く方が多いです。
これだとふくらはぎの大きな筋肉も使わないので、ますます筋肉のポンプ作用がなくなります。

すなわち、足か疲れやすく、むくみやすく、冷えやすくなります。

そして、鍼灸治療をする際、お腹・脈、手足を触診するのですが、
冷え性の方にかぎって足に湿り気があり汗をかいていることが多いのです。

足指の間に汗をかき、冷えがあるので乾かず温度が下がり一向に乾かない。
(なので、臭くはありません。) その悪循環になっている方が多かったです。
まずは、その湿り気を除くだけでもまた違うかなと思います。

女性は職場でストッキング、タイツを着用の方も多いけれど、
本当は女性こそ靴下(できれば化繊でなく汗の吸いのよい絹など)で、
5本足靴下を履いてほしいとよく患者さんにお話していました。

------
まだまだ雪が残り、寒い日がつづく北海道。
底冷えするなぁと思い、5本足ソックスを履いてみました。
私はもともと足指の動きはいいほうなので、
家の中で5本足靴下を履いて家事をしていただけで、足が温まってきましたよ。
------
冷え症の方だと、履いただけでは温まらないかもしれませんが、
足指の汗を靴下が吸収し、足指同志を離すので、多少循環がよくなると思います。

リフレクソロジーをうけるとよくわかることですが、
たとえ片足を3分手で揉んだだけでも片足の体液循環(血液もリンパも)がよくなり、
血色のいい色の足になった経験があるかと思います。
(そして、やってないほうは、血管が広がってないのであきらかに血色が悪い)
5本足靴下は、それを擬似的にできると思います。

脚の血管は子宮・卵巣につながっています。
お腹を経由しないと肺・心臓へは戻れません。

特に、末端である足や手の毛細血管は、静脈と動脈が網状につながっており、
逃げ場がないので、揉むとすぐ血流がよくなります。

こうのとりを待つ方も、冷え性の方にも、
そして、お腹の温かさを守らなければならないプレママさんにも・・・
すべての女性におすすめな『5本指靴下』のお話でした〜♪
| こうのとりがよろこぶ体創り | comments(1) | -
| 1/2PAGES | >>